外資系で出世する「上司との付き合い方」とトクする7つのノウハウ

・外国人上司との付き合い方がわからない

・いつもにこやかだけど、最近どこかよそよそしい

・外資系への転職が決まったけど、初めてなので不安

そんな悩みを持っている方がこの記事を読むと

・外資系企業における上司の権力
・外国人上司の求めるもの
・外国人上司とのコミュニケーションのコツ

がわかります。

当たり前ですが、外資系企業とはいえ一般企業。

できる上司もいればできない上司もいますし、外資系企業とはいえ日本法人ですから、上司が日本人の場合ももちろんあります。

この記事では外資系企業で初めて働く方向けに、外国人上司と付き合うノウハウをまとめてみました。

目次

外資系企業における上司のパワーは凄まじい

スタートレック船長

餓死系企業の管理職は「成果目標達成の監視人」ですから、目標数字を達成するための大きな権限を持っています。

成果を達成するために自分の成績達成を助けてくれる社員は全力でサポートしますが、貢献度の低い社員はサポートも手薄いですし、評価も低くなります。

これは日本人が上司の場合もある程度は同じですが、外資系企業の外国人上司の場合は、もっとはっきりと態度に出ますね。

外国人の上司は基本的にYES  MANを評価します。

数字を達成するために彼らが決めた戦略を忠実に実行する部下を常に評価します。

「いうことを聞かない」「面倒臭いやつ」と一度思われたら、業績悪化した途端にリストラ対象者リストの上位に載ってしまいます。

外資系企業ではあなたを評価するのもクビにするのも上司です。

それくらい非常に強力な人事権を持っています。

では彼らの特徴はどんなものがあるでしょうか?

初外資系企業であれば、最初の半年は死に物狂いでガンバル

もしあなたが外資系企業で初めて働く場合は、最初の3ヶ月以内にどんな小さなことでもかまわないので「成功」や「成果」を出せるように頑張ってください。

例えば、

・前任者から引き継いだ顧客との信頼関係構築が順調
・新規開拓中の件数が前年比で〇〇%アップ
・顧客からのクレームを適切に処理して感謝された

など、成績を達成に貢献する何らかの結果を報告できるように全力で取り組みましょう。

これは、通常外資系企業の試用期間が3ヶ月〜6ヶ月程度あることから、早い段階で一定以上の評価を得ておき、試用期間中の解雇を防ぐことが目的です。

外資系企業の上司は数字を上げる人には最大限のサポートをしてくれる

あなたにとって外国人の上司が素晴らしい上司になるか最悪の上司になるかは、あなたがどれだけ数字に貢献できるかにかかっています。

数字に貢献できていれば、上司は全身全霊であなたを支えようとしますが、貢献度が低い間は赤の他人並みに助けてくれません(個人差はありますが。。)。

ひどい場合は、電話しても出てもらえず、メールも既読スルーされます。

頑張るのは当たり前、その上で結果が全てというのが外資系企業の「成果主義」です。

これだけは常に頭の片隅に置いて働いてください。

H2 外国人上司は良くも悪くも個性的

上司が結果を出すあなたを全力でサポートするように、会社も実績のある管理職には破格の待遇で答えます。

僕の経験でも、新しい上司が着任前に部屋の模様替えを行うことは当たり前でした。前任者が使っていたものは全て交換し、人によっては調度品もブランドや特定の製品など、細かく指定することもあります。

これだけで普通に数百万円かかることもありました。

会社としてもそれで結果が出るなら安いもの、という考え方があります。

それでいて営業利益率が日系企業よりいいのですから、やはりグローバルで勝ち残る企業はそれだけ「勝ち方」を知っているのだなと思ったりします。

本国にコネを持っている外国人上司ほど要注意

本国や他地域の支社からやってくる外国人上司の中には、特別な人がたまにいます。

これはポジションによりますが、上位になればなるほど本社での発言権が強かったり、強力な人脈を持っています。

こうした人たちは、通常より広範かつ強力な権限を持っていますので、味方につければこれ以上ないくらい頼もしいですが、敵に回ると最悪です。

味方につけた場合は、あなたのキャリアに大きく影響するくらいの人脈になるでしょう。

その上司が昇進した場合には一緒に異動になったり、新しい会社へ転職した際にヘッドハントされたりすることよくあります。

当然、待遇も上司に合わせてアップグレードしてきます。

たとえ人としてあまり尊敬できなくても、実力が飛び抜けている上司に出会ったら、評価を得られるよう頑張るだけの投資価値はあると思いますよ。

外国人上司とのコミュニケーションの7つのポイント

ビジネスマン

ここからは外国人上司とのコミュニケーションの取り方の中で、注意すべき点を解説します。

自分を積極的にアピールすること

一番の基本は「何事も積極的かつポジティブにアピールする」ことです。

英語が堪能で外資系企業で働いているといっても基本的に日本人は奥ゆかしく、アピールが苦手です。

しかし、相手が外国人の場合、アピールしないということは、

① 給与も待遇も満足しています、ハッピーです♪
② 全ての仕事は問題なく、順調に進んでいます!

と受け取られます。

つまり、もし何かの問題を抱えていてある日突然それを報告すると、

① なぜそこまで悪化するまで報告しなかったのかと非難され、
② あなたの評価が3段階さがる

ことになります。

では、どのように振る舞うのが正しいのでしょうか?

常にHeadsup & Bad News First

問題を悪化させないための振る舞いのコツは2つです。

① 常に状況をアップデートし、はっきりわかっているリスクだけでなく、将来的にリスクになる可能性のあることも報告する
② リスクが現実のものとなったら、すぐに報告する。

日系企業でも同じといえますが、外資系企業でより重要な理由は、本国から離れていて時差もあるので、対応が後手に回ることを嫌うためです。

誰だって寝る前に何の問題もなかったはずが、朝起きたら顧客からのメールでメールボックスが一杯なんていうことは避けたいですよね?

外資系企業で働くときは、本国との時間差が何にどう影響するのかを考えながら働く必要がありますので、注意してください。

外国人上司には、「失敗しました」という報告はダメ

なぜ日本人が愛してやまない素直で正直な報告がダメな理由は次の通りです。

① あなたの失敗=上司の失敗になるから
② 120%あなたの責任になってしまうから
③ 失敗したまま放置しているのかと疑われるから

具体的な例を挙げると、

① 戦略は間違っておらず、ベストを尽くした
② しかし、想定外の外的要因発生
③ 結果として、目標未達になった
④ この結果をもとに戦略を修正し、次期計画は目標達成する見込み

のようになります。

伝え方のコツは、次の通り。

・上司の責任にしない
・自分の責任にもしない
・経験をもとに改善策を立案ずみ

もちろん、この後あなたは必死に働かなくてはいけませんが。。。

外国人上司には、Noではなく、Betterなやり方を提案する

上司の決めたやり方が間違っていて、結果達成が難しいとはっきりわかる場合は、その根拠と代替案を提案することは問題ありません。

ただ、説明の仕方としては、

❌ NO!そのやり方だと結果が出ない
⭕️    Yes, but こうやればもっと効率的に結果を達成できる

など肯定的な伝え方をしないとあなたの上司はあなたから「No」を突き付けらたと勘違いしますので注意してください。

彼らにとって、

No=俺は敵だ
Yes=俺は味方だ

なのです。

一言が命取りになりかねませんので、十分注意して表現を考えてください。

良い結果を出したらその対価を要求する

結果に対して対価を求める、これも奥ゆかしい日本人が苦手とするポイントです。

しかし、成果主義の外資系では当たり前です。

先ほども解説した通り、アピールしない=全て満足と理解されてしまいます。

結果にコミットし、想定以上の結果を出した分も回収しましょう。

例えば、次のようなものです。

・ボーナスアップ
・希望ポジションへの異動
・受けたかった外部研修受講

上司の一存でどうにもできないものもありますが、リクエストしておけばチャンスを優先的に回してくれることもありますので、遠慮なく伝えるべきです。

階段は上がれる時に上がりましょう!

ケンカするときはクビを覚悟で

ここまで書いた内容で大体わかっていただけたと思いますが、外国人上司とケンカするときはクビもしくは退職をする覚悟が必要です。

それくらい相手の権力が強いこともありますが、特に海外にいる上司の場合は仲直りするチャンスがほとんどないことも理由です。

実際にあったことがない人が上司になることも多いため、一度こじれると長引くか、関係修復できるチャンスが全くなくなってしまいます。

こうなると出世どころか評価自体が下がり、常にリストラ対象に名前が載ってしまうことになりますので、その会社で働くメリットがなくなります。

外資系企業といえども日本法人である以上日本の労働法には従わなければいけませんが、上司の権力全てをコントロールできるわけではありません。

この点だけは常に考えながら、外国人上司と付き合うようにしてください。

外資系企業での出世に英語力が欠かせない理由

ここまで読んでいいただければ、外資系企業で出世するには英語力が欠かせないことを理解頂けたかと思います。

年収の高さや英語での実務経験を積み上げた後のリターンを考えれば、外資系企業への転職前、転職後の英語力アップのために英会話スクールなどへの投資はおすすめです。

英語力をアップすると何がお得かについては次の記事でも詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

おすすめのマンツーマン&コーチング系英会話スクールを紹介しておきますので、参考にしてください。

✅ おすすめのマンツーマン&コーチング系英会話スクール

【30日間全額返金】ライザップイングリッシュ
※海外転勤が決まったり、外資系企業へチャレンジするためなど短期間でTOIECスコアをグッとあげたい方におすすめです。

初心者からのビジネス英会話教室【ベルリッツ】
※「ベルリッツ・メソッド」で最短で英語力アップ。トヨタや資生堂などのトップ企業と提携しているのは実績と信頼があるからです。

マンツーマン専門の英会話スクール「GABA」
※マンツーマン英会話といえばココ。専門の日本人カウンセラーが付いて英会話学習をサポートしてくれるので安心です。

まとめ

話し合う3人の後ろ姿

ここまでの内容を簡単にまとめます。

・外資系企業の上司は権力の塊
・外国人上司はYES MANを好む
・結果を出す部下は全力でサポート
・試用期間は全力で結果を出す
・アピールしないと評価されない
・悪いニュースをいきなり伝えない
・結果が悪いときは改善案も提示する

日系企業に通ずるところもたくさんありますが、文化、時差、言葉など外資系企業独特の「壁」を理解しておかないと結果を出しても評価されないことがよくあります。

もちろん、それ以上のメリットがたくさんありますので、個人的には超おすすめです。

あなたのキャリアプランの一つにぜひ加えてみてください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる