エンジニア向け英語学習の始め方&おすすめオンライン英会話【初中級者向けです】

・スキルアップとして英語を学びたいけど、選択肢が多すぎるからおすすめが知りたい

・英語ができるとどんないいことがあるのか気になる

・同僚が「いきなり」TOIEC900点をとって、役員と海外出張へ!なんか悔しい!

この記事を読むと、お金をかけない英語学習の始め方と中級レベルから上の方がキャリアアップに必要なビジネス英語を学ぶための英会話スクール情報がわかります。

以下の記事でも詳しく解説していますが、英語力があれば転職成功率も上がり、年収も上がることが統計的に裏付けられています。

英語ができると良いことだらけです。デメリットはありません。

それどころか、英語ができないと選考レースのスタートラインにさえ立てないポジションがあります。

僕自身、英語のおかげでキャリアも給料も順調にステップアップできました。

  • TOEIC790点
  • 留学経験全くなし。出張で2週間が海外最長滞在期間。
  • 10年以上、10社以上の外資系企業へITサービスを提供。
    各社とも社内公用語は全て英語。
  • 3年間、200名のグローバルチームをマネジメント
    メール・会話は全て英語。日本にいながら1日数時間は英語づけ
    (契約書作成、外国法務部門との交渉、顧客向け月次報告書作成など)

TOIECスコアも大したものではないですし、留学経験もありませんが、それでも実務で使い続けることで、キャリアを支えるレベルに伸ばすことは十分できます。

海外市場への展開は日本の会社がが生き残るための戦略としてもっと重要になっていきます。

そんな時に必要になるのは海外のエンジニアと英語でコミュニケーションできる社員です。

アフターコロナ・ニューノーマルの世界で生き残るためにも、投資効果抜群の英語力を是非磨いてください!

目次

英語学習を始める前に考えておきたいこと

エンジニアにとっての英語の必要性に関する記事でも熱く語りましたが、これ以上にメリットの多い投資はないと言い切っちゃいます。

3つの面から解説すると、

  • スキルアップとしては、膨大な1次情報源(著者、団体、文書、データなど)へのアクセス
  • キャリアアップとしては、転職機会の拡大、外国人人脈、プライベートの充実、年収の大幅アップ!
  • プライベート的には、外国人の友人ができるから海外現地の生情報が手に入る、好きな作家の最新刊が手に入る、知らない国の文化を理解できるようになる、恋に落ちる

などなど、僕も英語ができて損したことは一度もありません。と言うか、特にキャリアの面でめちゃくちゃ助けてもらっています。

まずは無料で英語を学ぶ時のコツから解説します!

現在のレベルが初心者であれば、まずは独学で中学英語を復習する

全く苦手で英語を読むのも辛いのであれば、いきなりオンライン英会話を始めるのではなく、独学である程度基礎を固めましょう。

まずは基本的な単語すら覚えていない場合、ゼロから英会話スクールに通うとなるとお金が半端なくかかります。

中学英語をやり直すだけでも効果は抜群です。僕も普通に会社で使う分には、中学レベル以上の英語を使うことはほとんどありません。

ビジネス英語が求められるのは、上司への報告や顧客へのプレゼンテーション資料などですが、大抵はテンプレートがあるので、困ることはありません。

もちろん、それらが適切なものであるかどうかを判断できる力は必要です。

TOIEC5~600程度ある場合はどんどんアウトプットの場を増やす

勘違いしやすいのですが、「学べる」と「使える」は違います。

学んでも使えるようになるわけではありません。

語学は学んだことを実践する場所の確保が何より大切だと僕は思います。

やはり使わないと覚えないですし、忘れるんですよね。

スクールはどちらかと言うとインプットの場所ですから、なおさらアウトプットの場を確保することが大切になるんです。

具体的なアウトプットの方法ですが、例えば以下のようなものです。

  • 個人がカフェやSkypeでやっているレッスンなどをたまに織り交ぜ、「コロナ対策の各国の違いについて」とか特定のトピックで1時間くらいディスカッションする場所を定期的に作る
  • 社内に英語サークルなどないか探してみる
  • 友人同士英語勉強サークルを作ってもいい
  • 外国人観光客には積極的に話しかける。度胸もつけよう
  • 英語で日記をつけ、それを必ず音読する

無料の英語アプリもたくさんあるので、今後はそちらも紹介したいと思います。

1週間の英語学習スケジュールを立ててみる。

一日働きづめの日などは、家に帰って風呂に入ってそのまま倒れ込むように寝てしまうこともあると思います。

ご家族がいれば、夕食の後のだんらんも大切な時間です。

1日に自由にできる時間は人それぞれで限られていますから、大雑把でいいので空き時間の目安と1週間のスケジュールを立て、どれくらい英語学習に時間をかける余裕があるかを確認しておきましょう。

最初だけ盛り上がって、きが付いたら今週は一度も勉強していなかったなんて、「習い事あるある」ですね。

順調にキャリアアップしている人の特徴は、時間管理のうまさです。

まず、時間をどう作るか、作った時間をどう守るかを考えてください。

おすすめオンライン英会話

英語を学ぶ覚悟が決まった初心者のあなたにおすすめのオンライン英会話を紹介しますが、選んだ基準次のとおりです。

  • 無料体験がある:できれば複数回受けられるところ
  • 単価が比較的安い:1回25分が通常だが、1回単価が500円以下
  • マンツーマンも選べる:ある程度会話を続けられるようになってきたら、25分でグループレッスンはコスパが悪くなる。他の受講者が話している間の待ち時間にお金を払うのはもったいない

初級者向けのオンライン英会話3選

学研グループのオンライン英会話 「kimini」

① 学研グループのオンライン英会話

【Kimini英会話のおすすめポイント】
コスパがいいので気軽にできる。10日間無料で試せるので、相性をじっくり確認したい初心者向け

【Kimini英会話の特徴】
学研というブランドの安心感はある。1レッスンが30分とオトク。

【Kimini英会話の費用】
1日1レッスンの「スタンダードプラン」が月々5,480円(税込:6,028円)
キャンセル・解約条件: https://jp.glats.online/faq/payment

DMM英会話

 ② DMM英会話

【DMM英会話のおすすめポイント】
コスパがいいので気軽にできる。10日間無料で試せるので、相性をじっくり確認したい初心者向け。

【DMM英会話の特徴】
オンライン英会話サービス・満足度評価で16部門No.1。スタンダードプランの講師に加えて、アメリカ・イギリスを中心としたネイティブ講師のレッスンもオプションで受講可能。ネィティブスピーカーにこだわる人にはおすすめ。

【DMM英会話の費用】
1日1レッスンの「スタンダードプラン」が月々5,480円(税込:6,028円)
キャンセル・解約条件: 「マイページ」>「お客様情報」ページで手続き。

レアジョブ英会話

③ オンライン英会話のレアジョブ

【レアジョブのおすすめポイント】
講師は全員フィリピン人でコスパがいいので気軽にできる。10日間無料で試せるので、相性をじっくり確認したい初心者向け。

【レアジョブの特徴】
会員数80万人を突破し、累計レッスン数4,000万回以上、講師数6,000人以上を誇る国内最大級のオンライン英会話サービス。企業研修への導入社数2,300社以上、教育機関への導入数も280校以上と実績もある。

【レアジョブの費用】
1日1レッスンの「スタンダードプラン」が月々5,480円(税込:6,028円)
キャンセル・解約条件:https://help.rarejob.com/category/b315424b-d7f1-47de-89e6-5d7e661fba8d

中級者向けの英会話スクール5選 〜「時は金なり」という方向け〜

次に、TOEIC500〜600点を超えてきた中級者の方や長期出張や海外駐在を予定していて短期で集中的に英語力を伸ばす必要のある方、短期でも留学は難しいと言う方でお金と時間に余裕のある向けの英会話スクールです。

こうした具体的に英語を使う状況が迫っている方で会社の補助が出たり、費用を準備していた方にはお勧めですが、仕事でも日常生活でもスクール以外に英語を使う場がない方にはコスパを考えるとお勧めしないです。

質を求めるとどうしても費用は高くなりますので、TOEICスコアを伸ばしたいのか、実務的なビジネス英語を鍛えたいのか、短期で英語力を伸ばしたいのか、目的をはっきりさせて選ばないとお金をドブに捨てることになりかねません。

大手含めて、おすすめポイントと特徴を紹介しておきます。

ライザップイングリッシュ

①【30日間全額返金】ライザップイングリッシュ

【ライザップイングリッシュのおすすめポイント】
外資系へ転職したいけどTOIECスコアが100点以上足りない、外資系への転職が決まったけど想像以上に英語力を求められそうなので短期でブラッシュアップしたい、海外転勤が決まったなど、英語力アップの緊急度の高い方向け。

【ライザップイングリッシュの特徴】
マンツーマンではなく専属トレーナーがつく。1人1人に合わせたカリキュラムで英語力アプをサポート。この専属トレーナーは、レッスン以外でも日々の課題(シュクダイ制度)と目標達成のための徹底したタスク管理をフォローしてくれる。

【ライザップイングリッシュの費用】
全額返金補償あり。TOEIC® L&R TESTスコアアップコース(16回)の場合、入会金:50,000円(税別)コース料金:328,000円(税別)合計378,000円(税別) 

ベルリッツ

② 初心者からのビジネス英会話教室【ベルリッツ】

【ベルリッツのおすすめポイント】
説明の必要ない気もするくらい名前の通っている英会話スクールのブランド。実績も品質も折り紙付きなためか、意外と初心者の比率が65%と高い。最近では珍しいが、英語の他にも16カ国語のコースがあるのはさすが。

【ベルリッツの特徴】
ベルリッツは140年以上もの歴史があり、効率的な語学学習を目指し積み上げてきた”ベルリッツ・メソッド(R)”により、最短で語学力を身に付けることが出来る。トヨタや資生堂など、多くのトップ企業と提携していることは信頼と実績の証明とも言える。

【ベルリッツの費用】
夏の特別マンツーマン25レッスン通常コースが134,500円。1レッスンあたり5,380円。教育訓練給付金制度<一般教育訓練>対象コースもある。

gabaマンツーマン英会話

③ マンツーマン専門の英会話スクール「GABA」

【GABAのおすすめポイント】
マンツーマン英会話レッスンを広め、定着させた大手英会話スクール。2020年8月からオンライン受講が始まるり選択肢が増えた。2020年7月31日まで「未来応援キャンペーン」としてレッスン料金から最大で¥55,000(税込)OFF

【GABAの特徴】
Gabaでは生徒様に専門の日本人カウンセラーが付き、英会話学習をサポート。講師は採用率2%と狭き門。経歴も出身国も多彩な講師が在籍しているので、「Global English」を学びたい方にはぴったり。
無料体験レッスンは「目標カウンセリング」「英語力診断レッスン」「上達プラニング」で構成されている。

【GABAの費用】
ビジネスマンツーマン英会話コースが6ヶ月/45回レッスンで351,450円。1回あたりの単価は7,100円。最大10万円の給付が受けられる一般教育訓練給付制度対象プランあり。

スパルタ英会話

④ ネイティブ講師とのレッスン量業界No.1 【スパルタ英会話】

【スパルタ英会話のおすすめポイント】
こちらもライザップイングリッシュ同様、英語力アップの緊急度の高い方かつ会社が学費補助してくれる方向け。

【スパルタ英会話の特徴】
英語を話せなければいけない環境に長時間いるということが「スパルタ」のコンセプト。学習の進捗をサポートするコンサルタントがつく。急な転勤や部署異動で英語が必要になり、会社が学費補助してくれる方向け。

【スパルタ英会話の費用】
3ヶ月集中レッスンで594,000円

アクエス

⑤ オンライン英会話スクールではない、オンライン英会話スクール「アクエス」

【アクエスのおすすめポイント】
マンツーマンで1回が50分と他社と比較してレッスン時間が長い。本当は留学したいけど難しい方や確実に英語力を伸ばしていきたい方向け。週3回のレッスンは予復習も入れるとそれなりの学習時間の確保が必要なので、事前に時間の確保・調整が可能かどうかを見極めておく必要あり。

【アクエスの特徴】
お試しレッスン5回・50分を、無料キャンペーン中。日本人とフィリピン人が交互にレッスンするハイブリッドスタイルが特徴。大手マンツーマン週1/40分・年間4~50万円だが、AQUES(アクエス )週3/50分・年間398000円で割安。

【アクセスの費用】週3回、1回50分のマンツーマンレッスンで1年コースが398,000円(144回:2,763円/回)

オンライン英会話の体験レッスンではココをチェック!

まずはなんと言っても「講師の質」です。

ただ、僕の経験では営業的に無難な人が体験レッスンを担当することも多い気がしています。

複数回の体験レッスンが受けられるところであれば、毎回違う講師で試して期待外れにならないようにチェックしてください。

参考までに、僕がいつもチェックするポイントは以下の通りです。

  • 話すスピードが適切でプレッシャーをかけてくることはないか
  • 自分が話している途中で被せてくることが多くないか
  • 適当に切り上げようとしていないか
  • 馴れ馴れしすぎることはないか
  • 初級者であれば、最初・最後に日本人スタッフのフォローがあるか
  • 価格だけではなく、キャンセルや解約条件を丁寧に説明してくれるか

次に、自分が現時点でどの程度会話できるのか、を確認

体験レッスンで全く会話が続かないなら英会話はまだ早いですから、まずはリーディングとリスニングを無料教材で独学してください。

会話が2−3分テンポよく続くなら、チャレンジする価値はあると思います。

オンライン英会話は過当競争が激しく低価格化が進んでいますが、オンラインであるがゆえに講師の質のばらつきが大きくなってきたような気がします。

一般的なおすすめ基準は、1回あたりの単価、グループかマンツーマンか、無料体験は何回受講できるあたりですが、無料体験については複数回受講できるところをいくつか試すのがおすすめです。1回だけだと講師の当たり外れなのか、全体的な品質が悪いのかの判断がつきにくいです。

オンライン英会話選びでは、一番大切な「講師の質」を確かめる意味でもとにかく体験してみることが大事です。

体験レッスン前には、いつまでにどんなレベルになりたいのか、一日どれくらい時間が使えるか、予算はいくらかを紙に簡単にまとめておくと、一つの判断基準になります。

繰り返しますが、気に入って申し込んだ後にいろいろな事情でやめなければならないこともあるかと思いますので、体験レッスンの時には解約条件も絶対に確認するようにしてください。

まとめ

ここまでの内容を簡単にまとめます。

  • 初心者はまず独学で中学生英語を復習しましょう
  • 一通り終わったら、オンライン英会話にチャレンジしてみてください
  • TOIEC500〜600点を超えてきたら、アウトプットの場所を増やします
  • ただし、英会話スクールだけに頼るのはダメです

最近英語を使う場面が激減して毎日英語力が失われていく感覚がとても嫌で辛くて、過去やってきた方法で英語に接する時間を増やし、なんとか現状を保とうと四苦八苦しています。

日常的には全く困らないと言う「ガラパゴス」な環境の中、英語力を磨き続けるために外資系を渡り歩く人の気持ちがよくわかりますが、外資系でも英語がないと生きていけないわけではないんですよね。

英語力は主役ではありません。

だからこそ、目的を持って費用対効果をしっかりと見極めてお金と時間を投資してください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる