【転職かガマンか】上司と相性が悪いとにきとるべき行動

・上司と考え方や価値観が合わなくていつも喧嘩になる

・上司に嫌われてしまい、どんなに頑張っても評価されない

・上司が自己中心的で自分のやり方を押し付けてくるし感情的。すぐに大声で起こり出すのがストレス

この記事を読むと、ソリの合わない上司いる時のみんながどう対応しているのか、具体的にどう対応するといいのかがわかります。

会社勤めする人は多かれ少なかれ人間関係で悩みますよね?

マイナビ転職のアンケートによると会社員の73.5%は職場に嫌いな上司がいると回答ています。

キャリアを築く上でも仕事の上でも上司との人間関係の良し悪しが大きく影響することは間違いありません。  それ故に自分の評価をする「上司」との相性が悪い時は、悩みも深くなりがちです。

上司は選べませんし、変えることも替えるできません。

しかも自分の評価をするから反論もしにくいので相性の合わない上司は本当に厄介な存在です。

結論から言えば、最終的な選択肢は転職するか我慢するかですが、状況によって対応の方法にも選択肢があります。

転職で会社を変えればモーティベーションも上がるし、自分が成長できる環境を手に入れる可能性がありますが、今の会社に残って自分で環境を変えていく手段がないわけではありません。

他の人はどんなことで悩んでいて、どうやって解決しているのか、解決できない時はどんな行動を取るのかについて解説します。

目次

職場に嫌いな上司はいるのか?どこが嫌い?

では、他の人にとって「相性の悪い上司」とはどんな上司でしょうか?

あなたにとって上司と合わない理由を書き出してカテゴリに分けてみましょう。

これをやると合わない理由が自分でコントロールできるのか、自分ではコントロールできないのかが分かります。

ここでいうコントロールとは、

  • 相性の悪い上司でも仕事として割り切って接することができるし、精神的に辛くなることもない
  • 異動・転勤などの手段がある
  • 相性の悪い上司以上に、その部署で働くことで得られるものがある。それを実現したい。

の様な場合です。

最後の点については、部門としての目標は部下であっても上司であっても一緒ですから、それを実現するための「協働」と割り切ることができればあなたキャリアにとってのメリットは大きいでしょう。

感情に任せて判断してしまうと、同じ状況にあっても対応策がないので、結局逃げるしか無くなってしまいます。

コントロールできることできないこと別に対応方法を考えてみましょう。

相性の悪い上司がいるときの対応策

相性の悪い上司の行動パターン別対策

理想の職場や会社がないことと同じで、完璧な上司はいません。

感情のコントロールはとても難しいもので、ちょっとした仕草や言動が気に食わないとその人全てが嫌いになったりするものです。

対応次第では自分が嫌われ逆に悪役にされてしまうリスクもありますので、我慢できなくなる前に対応を準備しておくべきです。

こうした連鎖反応に対しては原因を分析して対応できる様にならないと、例え上司が変わっても、転職したとしても、同じ問題で悩む様になることは目に見えています。

上司を含む人間関係で悩んだときは、まず状況を分析して自分で取れる対応をやってみることが大切です。

以下はマイナビ転職が集計した苦手な上司の理由と対応のランキングです。

一般的な対応策としては、仕事として割り切る人が半数以上で、異動や転職を選んで環境を変える人は5人に1人でした。

上司が苦手・嫌いな理由ランキング

ランキング嫌いな理由
1理不尽
2自己中心的
3自分のやり方を押し付けてくる
4人によって対応が変わる
5厳しい
6感情的になる
7仕事ができない
引用:マイナビ転職「どんなところが嫌いだと思いますか?」

嫌いな上司への対応ランキング

ランキング対応方法割合
1仕事だと割り切って普通に接する61.4%
2出来る限り関わらない・話さないようにする55.4%
3異動・転職した19.3%
4ほかの上司や部署に相談した13.3%
5嫌だと思うことを直接上司に言った10.8%
6上司のいいところを見つけようとした9.6%
7その他1.2%
引用:マイナビ転職「嫌いな上司にどう対応しましたか?

あなたが取るべき行動としてはどうすべきかについて、転職とそれ以外の対応策を解説していきます。

転職を選ばない方がいい場合

こうした対応策をとることで、あなたが次の様に納得できるのであれば転職は選択肢としてあまりお勧めしません。

  • 相性の悪い上司との関係をある程度受け入れることができる
  • 自分の行動を変えることで十分仕事を続けられる
  • どうしても身に付けたいスキルや経験があるので、上司との相性は我慢できる範囲

逆に言えば、こうした対応が取ることで上司との関係が改善するのであれば、多かれ少なかれあなたの側にも問題があったかもしれません。

転職、転勤、異動、昇進で上司が変わって同じことを繰り返さないためにも、また部下を持つ様になって今度は自分が「相性の悪い上司」にならないためにも、自分以外の誰かに自分の行動を評価してもらう機会を持つことをお勧めします。

取ってはいけない行動

相性の悪い上司への対策で取ってはいけない行動が「復讐」です。

不満が嫌悪に変わって、恨み辛みばかりが出てくる気持ちも分かりますが、それを行動に起こしてしまうと悪い結果となってあなたに降りかかります。

例えば、以下の様な例です。

  • 上司の悪口を同僚に触れ回る
  • 上司に対して喧嘩腰の態度を取る
  • 上司の指示を理由をつけて否定したり、拒否する

これは客観的に見ると業務命令の拒否やサボタージュと受け取られて、懲罰対象にさえなってしまいます。

こうなると転職どころか最悪「失職」「解雇」と言う可能性さえあります。感情的に行動しても良いことは絶対ありません。

あなたをみているのは上司だけではなく、同僚や部下、他部門の社員です。

問題は上司にあるのに、そうした周囲の社員との信頼関係を失ってしまうのはあなたのキャリアにとって大きな損失です。

キャリアを作り支えるのはあなたが達成した成果と培ってきた人脈です。

その点を忘れずに、冷静に落ち着いてできることから進めてください。

自分では解決できない場合に取るべき行動

相性の悪い上司との関係改善は、まず自分でコントロールできることに集中することですが、一番大切なことは抱えこんで精神的に辛くならない様に逃げ道を用意することです。

専門家の意見をもらって休んで見ることも大切

今の時点ですでに精神的に辛い場合は、長期休暇なども選択肢の一つです。

「まだ大丈夫」と思ったら、その時が専門家医へ相談するタイミングです。

心を守るためには、気持ちに余裕がある時に先手を打って行動してください。

精神的にはさほど追い詰められてはいないけど仕事に大きく影響するのでなんとかしたい、でも自分でコントロールできる範囲を既に超えている場合にとれる行動は第三者へエスカレーションです。

第三者にエスカレーションする

転職についてはこの後に解説しますが、転職以外の選択肢としては異動願い、転勤願い、人事の相談窓口への相談などが一般的な対応策です。

これらについては事前に調べておくことが大切です。

  • 社内規則を確認して、どんな場合に認められて、どんな手順が必要で、どれくらいの期間がかるのか
  • かつての例だとどの様に実現されているのか、問題は発生していないのか
  • 人事相談窓口への相談内容は誰に共有されるのか

特に3つ目の人事相談窓口への相談が「どの範囲の管理職に共有されるのか」については必ず確認します。

これは相談内容が相性の悪い上司に漏れない様にするためです。

希望する異動先や転勤先に同じ様なタイプの上司がいないかどうかも確認すべき点ですね。

転職で上司と環境を変える

自分の力ではコントロールできないものや上記の例で異動や転勤を申し込んでも叶えられなかったり、人事や役職者に相談しても取り合ってもらえない、パワハラやモラハラを含んでいる場合、改善しない場合はは転職が短期間での解決策です。

相性の悪い上司から離れることで、仕事がやりやすくなるので精神的にも開放され、リラックスして仕事に取り組めます。

やる気も上がって頑張れる様になれば、評価は自然と上がるはずです。

転職理由に上司との相性はNG

ただ、転職を選んだ際に転職理由として「上司との相性」はネガティブに受け取られますので、建前の理由を準備しておくことが必要です。

面接でも問われるポイントですので、履歴書、職務経歴書、面談問答集を準備して、アピールに食い違いが起きない様に注意してください。

また、せっかくの転職先で同じタイプの相性の悪い上司のいる部門へ配属される可能性をできるだけ低くするためにも、面接を通して配属予定の部門の雰囲気や上司の情報を集めたり、現場のメンバーとの面談を申し込んで上司の評価を尋ねてもいいと思います。

他にも、過去の上司で相性のよかった人の特徴をまとめておき、職歴の説明をする際にその上司の情報を盛り込んで、その「タイプ」の上司の元でこそ自分のパフォーマンスを最大限に発揮できると言うことを暗にアピールすることも1つの戦術です。

加えて「貴社ではどんなタイプの管理職の方が多いですか?」とか「配属予定の部署の管理職の方にはどんなタイプが多いのでしょうか?」などの質問を向けて、相手の反応を見つつ入社後の環境を探ってみてもいいと思います。

上司との相性が気になるときは「リファラル採用」や「アルムナイ採用」も検討する

もし今の会社が3社目、4社目であれば過去に働きやすいと感じた会社もあったかと思います。

どうしても今の会社で働けない、かといって転職先がいい環境とも限らないので転職も怖い、けどもう我慢も限界。。。と言う場合は、前職の会社に戻るもしくは仲の良い知人のいる会社を紹介してもらうなどの選択も並行で検討しておくと選択肢が広がって気持ちも楽になります。

まとめ

ここまでの内容を簡単にまとめます。

  • 自分にとって相性の悪い上司とはどんなタイプかを知る
  • 相性の悪い上司の行動別対策
  • 自分でコントロールできない内容であれば、転勤・異動・転職を考える
  • 感情に任せて「復讐」しても自分の評価を下げるだけ
  • 転職先で相性の悪い上司にぶつからない様にするための予防策
  • 前職への出戻りや信頼のおける知人の職場を紹介してもらう

心に止めておいて欲しいことは、最初はどんなに仕事のしやすい上司と巡り合っても関係が悪化してその上司が「相性の悪い上司」になる可能性もゼロではないと言うことです。

自分でコントールできない人間関係の問題については、精神的に我慢できない時はさっと逃げても良いと思いますが、どの職場でも少なからず起こってしまう問題でもあります。

精神的な辛さと自分のキャリアを積み上げていく時に優先すべきことのバランスをとって、転職がキャリアダウンにならない様な行動を取ることをお勧めします

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる