転職に妥協は必要だけど、譲れない条件だけは決めておかないと損をする

・転職するからには自分に合う会社を選びたい

・やりたい仕事を絶対見つける・自分にとっての天職が必ずあるはずだ

この記事を読むと、

・転職をする時に妥協してもいいか
・妥協していい条件、悪い条件は何か
・あなたにとって優先すべき条件

がわかります。

年収もよく、働きやすい職場で、福利厚生も手厚い。

業界も成長真っ只中で将来性もバッチリ。

まさにこの仕事に就くために自分は頑張ってきたんだと思える様な会社に出会えれたらいいなぁと誰もが思います。

もちろん、現実はそううまくは行きませんから、どこかで妥協が必要になります。

この記事では、条件を決めるために考えること準備すること、妥協していい条件、悪い条件、なぜいいのか悪いのかについて解説します。

目次

転職をする時に妥協しても良いか

結論から言えば妥協はいいか悪いかではなく「必要」です。

転職が誰にとっても難しいものになってしまう理由は様々な「変数」が複雑に絡み合ってしまうからです。特にキャリアチェンジの場合はこの変数が多くなりますからより複雑になることは明らかです。

例えば、転職の際の決めるべき主な事項でも結構あります。

・どの業界に転職するのか?
・どの職種を希望するのか?
・希望年収はいくらを希望するのか?
・勤務地に希望はあるか?転勤はできるのか?
・会社の規模にこだわりはあるか?
・日系か外資系か?

そしてこうした変数を決める基準としてあなた自身のキャリアプラン=転職の目的が加わります。

・3年はこの業界で知識と経験をつけて、コンサルになる
・徹底的にこの技術を磨いて世界一になりたい
・この会社のこの製品を世に広めたい

大切なことは、決めるべきは妥協できる条件はどれか、できない条件はどれかについてあなたのキャリアプランを軸にしてあらかじめ決めておくことです。

この「決め」がないとどうなるかについて、まずは失敗例を紹介します。

こんな妥協をすると後悔する例

転職で決めなければいけない様々な条件について、どこまで何を妥協するかを考えていないために失敗したケースを紹介します。

意外とよくある、よく聞くパターンですので参考にしてあなたの転職活動に役立ててください。

転職が決まる前に退職し、条件交渉をできる余裕がなかった

運を天に任せるタイプの人が選びがちな進め方で、入社後のミスマッチが起こりやすいパターンです。

運よくすぐに希望する会社に転職できればいいですが、30代後半以降で家族もいるにもかかわらず先に退職するというのはリスクが高すぎるでしょう。

もちろん例外はあります。

精神的な辛さが薬を飲むような状況であったり、ちょっとしたミスやノルマが達成できないことに対して大声で怒鳴るなどの暴力文書での正式な異動命令などなく本来の業務とは無関係の単純な事務作業を命じられるなど、すでにハラスメントが起こっているのであれば、いますぐにやめるべき状況だと思います。

こんな時は、まず自分の心と体を守ってください。

真面目な方や忍耐強い方は「まだ大丈夫」と思って無理をしがちです。

でもそのまま状況が悪化するととり返がつかない場合もありますので、まだ大丈夫なうちに環境を変える準備をして、行動に移すべきです。

ゆっくり仕事を探さそうとしていたら、自分の希望する仕事は求人がものすごく少なく、かつハードルも高くなってしまっていて、応募できる求人が全く見つからず、焦って「とりあえず働こう」で適当に選んでしまった

これは最初の例と近いのですが、実家住まいである場合や資金的には余裕があるときにやってしまいがちです。

経済は生き物ですから、新型コロナの様にいつどんな影響で求人が少なくなるか分かりませんし、AIや自動化がもたらした変化でも分かると思いますが、今日人気の仕事が明日もそうだとは限りません。

焦ることはないと思いますが、それもしっかりとした情報収集と事実確認をもとにこれからの経済の動きを理解していての話です。

市場、業界、求人の分析をせず、会社研究も怠っていれば、この結果は必然とも言えます。

安定した職業につきたかったはずなのに、ベンチャー企業の高い年収に惹かれて転職。大丈夫と言われていた賞与がゼロに。会社も潰れそう。

これも情報収集を怠った結果であり、企業研究・業界研究不足です。

特に転職が初めての方は情報の集め方も効率が悪く、場合によっては質も悪くなりやすいと思います。

余分な時間をかけて役に立たない情報を集めるより、転職エージェントなどのプロの情報網を使って効率的に精度の高い情報を集めて、転職後のリスクを減らしてください。

何のために転職するのかをはっきりさせる

まずはあたらめて何のために転職するのか、キャリアプランを作ることが欠かせません。

最終的な人生の目的がはっきりしている人は、そのゴールにたどり着くための道筋を複数考えてみると分かりやすいと思います。

例えば、戦略コンサルであれば、ITマネージャーからキャリアチェンジする人もいれば、営業からキャリアアップする人もいます。

そこまではっきりとした目標がなくても、これから3年先にどうなっていたいのか、そのためにどんな仕事でどんな経験を積みたいのかをざっくりと書き出してみるだけでも構いません。

望まない妥協をしないために準備すること

失敗例として挙げた中には、妥協以前の問題も含まれています。

転職活動を進める上で、やってはいけないことを説明します。

経済的・精神的に余裕がない

転職活動を始めるための一番大切な条件は「生活基盤を守る」ことですから、満足な蓄えもなく退職してから転職活動を始めるような行動は絶対NGです。

生活費が足りなくなる様な状況で転職活動が長期化すれば気持ちはどんどん焦りますよね?

そうなってしまうと普通の精神状態であれば飛びつくことのない仕事に応募したり、譲ることのない条件を呑んでしまって転職後に間違いなく効果いるハメになります。

転職活動は在職中に始めることを肝に銘じてください。

例外としては、現時点でハラスメントや長時間労働を強いられていて肉体的にも精神的にも追い詰められていると感じている場合です。

この時はためらわずに家族や労働相談窓口に相談してください。

遠慮は無用、心配不要です。

あなたの命、健康を守ることを第一に行動してください。

情報源を用意せず、情報も集めない

転職活動を支える 2つ目の条件は、複数の情報源を確保しておくことです。

転職失敗の原因の70%は情報不足という研究もあるくらいですから、転職活動を始めたら最初にやることは以下の様な情報源を集めることです。

・名刺の整理
・友人の勤め先の確認
・転職エージェント、転職サイトへの登録
・業界情報
・労働市場の状況、トレンド

別記事でおすすめエージェントや情報源をまとめた記事がありますので、ぜひ参考にしてください。

譲れない条件、譲れる条件を決める

転職の目的、キャリアプランとのすり合わせ、生活資金の確保、情報源の確保ができたら、それをもとに転職条件の優先度と妥協できる範囲を決めていきます。

業界

業界で妥協できるの?と思うかもしれませんが、はい、できます。

例えば自動車業界で働きたいという場合、大手の自動車メーカーに転職できれば最高ですが、それが難しくてもエンジン、ブレーキ、外装、内装、タイヤ、車体デザインなど様々な関連業界にも優れた企業はたくさんありますし、そうした企業なく自動車メーカーは成り立ちません。

特定の業界で働きたいという目的にあなたのどんな望みが含まれているのか、それを実現するためのキャリアパスにはどんな選択肢があるのかについてじっくりと考えてみる価値はあると思います。

職種

職種の場合は妥協というより、キャリアを育てていく上で今転職できる選択肢は何かという観点で考えることになるでしょう。

例えば、営業と一口に行ってもプリセールス、営業、コンサルタントなどがありますし、もし「人と接する仕事がしたい」ということであれば、保守・運用・サポートを経験してもいいでしょう。

別記事でも紹介していますが、未経験でIT業界に入りたい、人と接する仕事、できれば営業系、でも営業の経験もないということであれば、まずサポート系から入って次に営業職系へ異動もしくは転職というキャリアパスもできると思います。

サポート系は自社製品を利用している顧客と直接接する仕事ですので、製品知識、顧客とのコネクション、顧客業界知識など営業として役に立つ知識や経験をたくさん身につけることができます。

飲み会などで同僚と話しているときに意外な経歴を持っていて驚くことはありませんか?

あなたの想像以上にキャリアの選択肢は幅が広いものです。自分で可能性を制限せずに、幅広で考えてみるとキャリアの可能性も広がっていきます。

会社規模

会社規模の選び方は意外とその後のキャリアに大きく影響します。

大企業であればいいということが言えないからです。

先に紹介した記事でも書いていますが、ある業界のある分野では大企業よりも中小企業の方が圧倒的な技術力を持っていたり、中小企業の技術や製品なしには大企業のサービス・製品が成り立た合いといことも十分にあります。

あなたがその大企業の製品に魅力を感じている場合でも、もしかしたらその魅力の中心は中小企業が提供している技術やサービスにしかないかもしれません。

この点、企業研究、業界研究、企業の内部情報などが重要になってきます。

漠然として自分のイメージだけで、事実の確認をしないまま進んでしまうとせっかくの可能性を見過ごすこともあるので注意したいですね。

年収・賞与の条件

年収・賞与については別記事でも解説していますが、僕の持論&おすすめは「基本給は前職年収」、「生活費は基本給でまかう」です。

賞与は業績給ですし、賞与の基準や計算式は結構変わることが多いので、賞与に期待しすぎると年収が大きくブレます。

また、転職初年度は賞与が満額もらえなかったり全く出ない場合もありますから、尚更基本給で生活を守れることが絶対条件です。

未経験の業界に転職する場合は年収が下がることも致し方ありませんが、その場合も基本給部分は絶対に譲るべきではないと思います。

ここを妥協してしまうと大抵の場合「配偶者ブロック」に遭って転職に失敗してしまうこともありますから十分検討してください。

入社日

入社日については妥協というより調整になりますが、転職先の会社の要求ばかり聞いてしまうと退職のタイミングがズレたときに内定取り消しのリスクが出てきますから、できない期日を設定したりせず、リスクがあることを伝えて余裕を持って退職日・入社日を設定すべきです。

また、あなたが事業開拓や案件金額の大きい会社の業績に影響するようなプロジェクトや業務を担当している責任者や中心メンバー、リーダーであれば、転職のタイミングはそのプロジェクトの進捗や完了予定を考えないと後々後悔することになると思います。

おそらく中途半端にやめることが気持ちの悪い方も多いと思いますが、それ以上に自分への信用・信頼を落としてしまうことにもなりかねないので、こうした重要プロジェクトの担当になっている場合は、しっかりとやり遂げてから転職を考えるべきです。

実績=信頼・信用を高め続けることで、あなたの市場価値は高まっていきます。

間違っても転職すること自体を目的にして、市場価値を落としてしまう行動にならないように注意してください。

勤務地

勤務地についてはそれほど問題はないかと思いますが、転勤の可否については面接の際に必ず確認されますから、できるできないと条件があればはっきりと決めておくことをおすすめします。

普通は応募先企業を決める段階で会社研究をして転勤の有無や頻度、転勤先になる事業所を確認すると思いますが、決して、その場のノリとか雰囲気で決めない様に注意してください。

転勤の有無は求人情報にも記載されている場合があります。

「総合職、全国型、全国採用」などの記載の場合は転勤があり、「一般職、地域型、エリア採用」は転勤が無いケースが多くなっています。

前者は「全国転勤型社員」後者は「勤務地指定社員」とも呼ばれます。

また、転勤がある方が給与水準が高いことが多いので覚えておいてください。

ポジション・裁量範囲

求人には責任範囲は細かく書いてあることもありますが、裁量範囲について明記されていることはほとんどありません。

管理職への応募であれば、責任範囲と合わせて裁量範囲についても細かく確認する必要があります。

そのとき自分がその仕事やポジションで手に入れたい経験やスキルのためにどの程度の裁量が必要なのか、裁量がない場合にもその経験やスキルを手に入れることができるのかについてあらかじめ考えておきましょう。

管理職とは名ばかりで、実は部下なしのプレイイングマネージャーだったなんてことになると、組織管理力は全く身につきません。

この点は特に注意して、優先度が高い場合は妥協すべきでない・できない条件としてあげておきましょう。

優先順位を決め、キャリアプランの内容と同期する

ここまで考えてくると、だいたい自分にとって優先したい条件が見えてくると思います。

あたらめて順番に並べて、「だいたい」問題がないかだけチェックしましょう。

転職活動をすすめるうちに実は優先したい条件が変わることもありますから、あまりガチガチに決めてしまわないことがポイントです。

まとめ

ここまでのポイントを簡単にまとめます。

  • 転職に妥協は必要
  • 妥協して失敗するパターン
  • 大切なのは転職する目標
  • 妥協するにも心とお財布に余裕が必要
  • 譲れる条件、譲れない条件を決める
  • 条件の優先度を決める

事前に考えておいたとしても、想定外のことは起こります。

それでも絶対に譲れないものさえ譲らなければ、少なくとも一番欲しいものは手に入るはずですから、ミスマッチで短期間で退職ということは起きにくいと思います。

みなさんの転職活動がスムースに行って、満足できる結果になることをお祈りします!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる