このまま会社にいても成長できないスキルも伸びない【原因はコレ】

やる気はあるのに活躍する場所や仕事がない、スキルを身につけたのに使う場所がないときあなたはどうしますか?

結論から言えば、①原因が会社にあるなら転職、②あなたにあるならマインドセット(=考え方や行動)を変えるしかありません。

ワクワクしながら始めたはずの仕事が、期待はずれのまま時間が過ぎていくなんて耐えられませんよね。

良くも悪くも会社という巨大な組織があなたの望むスピードで変わることはないでしょう。

・新卒で入社してから同じ部署同じ仕事を3年続けている。全く成長している実感がない

・聞いていた話と全く違ってめちゃくちゃのんびりした職場。。。このままでいいのか?

・新しいスキルを身につけてもそのスキルを活かす仕事に恵まれない。実務で使えなければ意味がないのに。。。

年功序列・終身雇用が崩壊し、「勝つか負けるか」二極化した世界ではひとりひとりが中長期のキャリアアップ・年収アップを自分で考えて自分で作らないと生き残れないんです。

自分のキャリアは自分で守る。

手遅れになってから焦らないように、前倒しで手を打ってください。

この記事では、なぜあなたが成長できないのかについて、「あなた以外に」原因がある場合と「あなたに」原因がある場合に分けて、取るべき行動・対策を解説します。

\ 転職成功率を上げる非公開求人多数 /

目次

自分以外に原因がある

会社が衰退期に入っている

会社が成熟期から衰退期に入ってしまうとキャリアアップ・スキルアップが思うように行かない場合もあります。

あなたはキャリアの成長期にあって新しいスキルや経験を貪欲に吸収したいのに、業界や会社が衰退期にあって仕事は減って新しいチャンスも生まれてこない場合、主な選択肢としては次の3つです。

・他の部門へ異動

・転職して環境を変える

・仕事は飯の種と割り切って、副業や他の仕事でやりたいことをやる

どの選択をするにしても、キャリアの変更は準備に時間もお金もかかりますし、家族のいる方は家族の人生への影響も考えなければいけませんから、目標と行動計画はしっかりと練ってください。

自分はできると思っていても転職市場では全く評価されないなんてこともあります。

勢いで会社を辞めたりせず、まずは自己評価・社内評価と市場価値がずれていないかを確認してください。「社内評価と市場価値がズレると転職しても降格?年収ダウン?」で詳しく解説していますので興味があれば参考にしてくださいね。

単純労働、消えていく仕事しかない

業界や会社の衰退に原因がある場合、あなたの力ではどうしようもありませんから状況は深刻です。

例えば、AI(人工知能)やIT技術革新で事務系の単純作業は随分と減っていますよね。

事務職1名の募集に100人以上が殺到したなんていうニュースは珍しくなくなりました。

もともと正社員の仕事だったものが派遣社員の仕事になり、今度は社外に外注され、いずれ完全に自動化されて人間の仕事ではなくなります。

こうした変化は特に金融業界で著しく、ネットバンキングによって窓口業務が減った結果、担当していた銀行員もリストラもしくは他部署への異動とするメガバンクの方針が大きなニュースになりました。

会社の将来性や成長性については「成長性や将来性のある会社や仕事を選ぶために知っておくべきこと」で詳しく解説しています。

あなたが勤める会社が右肩下がりの業界にあって将来に不安を感じているなら、いますぐ目標を達成するためのキャリアプランを立てる=転職を含めたキャリアの見直しをすべきです。

※転職活動を始めるときに一番気をつけてほしいことがあります。それは求人を探す場所を間違えないということ。詳しくは次の記事を参考にして欲しいのですが、ハロワやコンビニに置いてある求人誌、新聞の求人チラシなどで探してはいけないということです。

目標なきキャリアプランは意味がない

キャリアプランはやりたいこと、かなえたい夢、達成したい目標を達成するために設計図ですから、目標が決まっていないのにプランだけ作ってもなんの役にも立ちませんので、まずは目標設定から初めてください。

目標を決める方法や注意点については「市場価値の上げ方は転職勝ち組に学べ!目標設定だけで年収もキャリアもアップ?」でも解説していますので、まずそちらを読んもらえればスッキリ理解できると思います。

「自分にはどんなキャリアが合っているのか」「お金と時間をかけてもいいので、自分の価値観にあう働き方を見つけたい」というそもそもの悩みがあるなら、マジキャリのキャリアコーチング専門のサービスを活用してじっくり答えを探すのもありです。

>>【マジキャリ】キャリアと向き合う60日間!有料キャリアコーチング

有料のサービスだけにあなたの悩みにとことん付き合ってくれますし、これからのキャリアを自分でデザインする力もつきますから長い目で考えるとコスパのいい投資になると思います。

利用するしないはあなた次第。じっくり考えて選んでくださいね。

想定外のリストラや業績悪化に人生を狂わされる前に、会社の将来を査定しましょう。

変化に弱い、変化が嫌いな会社

今時少ないと信じたいですが、勤める会社が、

・会社の文化として前例重視

・現場も今までのやり方が最善と信じて疑わない

新人や転職者の改善提案に対して消極的・否定的

のようなとき、あなたが成長のチャンスを見つけることは難しいと思います。

くまた

「望んで入った会社だからなんとかしたい」と頑張ることも選択ですが、必ずいつまで頑張るのかの見積りと撤退条件を決めてからチャレンジしてください。

自分が昇進して裁量権を手に入れて組織改革をするということであれば、5年10年単位でのチャレンジになります。

それだけの時間と努力を投資する価値があるかどうかを考えて欲しいのです。

経営層、役職者の危機感が薄い

変化に弱い会社や組織と根っこは同じかと思いますが、体力に余裕があると逆に自分たちの可能性を殺してしまうことがあります。

企業はいったん動き出してしまうと、方向転換や修正がすごく大変なんですよね。

だから動き出すまでにじっくりと時間をかけて動く方向を考えるのですが、世界はそんなスピードで動いていません。

企業が方向性を修正しよう思うときには次の変化・次の時代が始まってしまっています。

くまた

もちろん全ての大手企業の動きが鈍いわけではないです。

あなたの会社の動きが鈍いと感じたときに、自分がリーダーシップをとって改革できる社風やチャンスがあればいいですが、そうでなければ転職が唯一の選択肢になる可能性も。。。

仕事は外注、社員はただの管理者(管理職ではない)

企業の多くがこの問題を抱えています。

会社によってはこれは問題ではなく「今までやってきたことを続けている」だけでそれが正しいのか間違っているのかの自己評価・判断すらできない場合もあります。

もし危機感も問題意識もなく自浄作用も機能しておらず、業績が下がっているのにその原因が正しく把握できていないのであれば、組織として相当危険な状況にあると思いませんか?

新入社員が1年後には死んだ魚のような目になっているなら、社外にキャリアを探すタイミングです。

ローテーション(異動やジョブポスティング)もなく、キャリアアップのチャンスがない

IT業界の闇とも言われる客先常駐の仕事ですが、客先で働くエンジニアが優秀であればあるほど顧客からは変えないでくれと言われ、本人からは早く次のステップへ進みたいという希望が上司のプレッシャーになっています。

ローテーションは働く人のモーティベーション維持に欠かせませんが、顧客からのプレッシャーに負けたり現場の都合優先で優秀な社員にずるずると同じ仕事を続けさせている会社が多いのも事実です。

結果として優秀な社員は退職し、計画していなかった突然の引き継ぎでプロジェクトは混乱、顧客の信頼も失い解約なんていうプロジェクトが星の数ほどあります。

くまた

あなたの会社がこうした後手に回る悪いクセを持っていて、社員からの改善提案にも反応が鈍いようであれば、転職意外にあなたの悩みを解決し、希望をかなえる手段はないでしょう。

仕事が分かれすぎていて、狭い範囲の仕事しか覚えられない=広い視野、高い視座を持ちにくい

大企業や外資系企業にありがちですが、仕事が細分化されすぎていて自分で仕事の幅を広げようとすると、職域や部門の壁に阻まれてしまうことがあります。

より高い成果を出すために他部門や他職種を巻きこむことが必要になっても、文化や組織の仕組み上それが許されない場合、リーダーシップの強い人ほどストレスを受けることになります。

この場合は、より広い裁量権のある中小企業やベンチャー企業への転職を考えるか、社内で昇進をして自分の裁量範囲を広げていくかの選択が必要でしょう。

くまた

転職でキャリアアップできれば時間の節約になりますが、特に会社に不満がない、社風も気に入っている、仕事も楽しいということであれば、今の会社で昇進するための戦略を練った方がいい場合もたくさんあります。

ジョブポスティングのように社内の空いているポジションに自分から手をあげて異動することができる制度があれば、転職よりも低いリスクでキャリアやスキルを上げることができる可能性があります。

ジョブボスティングのメリットやデメリットについては「ジョブポスティング制度を活かして社内転職?リスクをおさえてキャリア&スキルアップする方法」で詳しく解説してますので、参考にしてください。

人を育てようという社風や文化がない

ここまで解説してきた内容全てに関連しますが、そもそも社内に人を育てようという意思、文化、社風がない場合は何を期待してもムダになります。

・入社後のトレーニングが仕組み化されていない

・チーム間で課題や知識・経験を共有し、助け合あう文化がない

・ジョブ型の人事制度を勘違いしていて、自己判断で仕事や責任の範囲を勝手に変えてしまっている

・ぶっちゃけで話せる雰囲気が全くない。上司は常に否定から入ってくる

こんな職場環境や社風が感じられたら、即転職を考え始めた方がいいと思います。

チームワークで個人の力を最大化するのが組織・会社の存在意義ですから、それを否定するような文化・社風・人間関係で成り立っている会社に自分の人生を投資する価値はありませんよね。

原因が会社にあるなら転職も選択肢のひとつ

ここまで解説した通り、自分でも成長を感じられない原因が会社にあると感じているなら、転職がただ一つの選択肢になる場合が多いと思います。

転職はリスクが高すぎると感じるのであれば、副業で生涯働けるスキルを得る方法もアリですね。

まずはいまのあなたが転職できるのか、できるとしたらどれくらいの年収になるかについて知っておく必要があります。

自分の相場も知らずに転職しようとしても、満足できる結果にはなりません。

今の自分の値段を確認するには、転職エージェントの転職相談がカンタンで正確です。

非公開求人情報やあなたの市場価値を知ることで転職成功率は間違いなく上がるので、転職エージェントの活用をおすすめはしますが、もちろん使う・使わないはあなた自身の判断で決めてください。

20代・第二新卒の方であれば「マイナビジョブ20’s」やリクルート系で未経験者や第二新卒向けの「就職Shop」、ハイクラス転職なら上場企業で実績も高い「JAC Recruitment」、外資系・グローバル企業なら「エンワールド」、IT系なら「マイナビIT AGENT」が丁寧なサポートが期待できます。

転職成功率を上げたい・効率的に転職活動を進めたいなら、「目的別おすすめ転職エージェントランキング【転職成功率を上げる組合せ方】」も参考に転職エージェントの組み合わせ方を考えてみてください。

自分に原因がある

自分に原因があって成長やスキルアップの実感が持てないことももちろんあります。

そういうとき、人は外から見てもわかりやすい行動をしています。

自分の足元から見直すと、会社・環境・上司・仕事への不満も解決できるかもしれません。

過去の栄光を捨てられない

ミドル〜シニアの転職者に多いのがこのパターンです。

プライドを支えている前職の栄光を捨てられず、素直にアドバイスが聞けなかったり反論ばかりして人間関係を作れない人がたくさんいます。

こうなると社内で孤立し、孤立するが故に仕事もうまくいかず結果も出ない。逃げるように転職を繰り返すというふのスパイラルに入ってしまいます。

僕の経験上、成長を続ける人は年齢、ポジション、性別にこだわらずアドバイスを素直に聞いてすぐ実践する人がほとんどでした。

転職したらまずリセット。

過去を捨てることから始めて、どんな貢献がしたいのか、何ができるのかを考えてください。

誰も何も教えてくれない?

自社製品やサービスの知識は必須ですが、仕事は仕事でしか覚えられませんし、自分で探さないと自分にしかできない仕事は見つかりません。

会社は学校ではありません。

もちろん、優秀な人材確保は企業の死活問題ですから、せっかく入社してもらった貴重な人材が短期間で辞めてしまわないように、転職者が早く新しい環境に馴染んでパフォーマンスを出せるように支援する仕組みを持っている会社も増えてはいます。

くまた

中途入社した社員を育てる仕組みを持っていない会社は、せっかくの人材を無駄にしている点でブラック企業と言えるかもしれませんね。

人材獲得競争が激化しているいま、そんな会社は将来性や成長性が限られていると考えていいと思います。

仕事は自分で探して自分で創るもの。

与えられる「作業」と混ぜてはだめです。

雛鳥が親鳥の餌を待つように、振られる仕事ばかりを待っていると、鼻の効く同僚に美味しいところを持っていかれますよ。

「できません」から入っていないか?

めんどくさそうな仕事は理由をつけて断っていませんか?

「忙しい」「やったことがない」「自分の仕事ではない」という言葉を口にしたら要注意です。

なぜならチャンスは大抵トラブルの顔してやってきます。

くまた

繰り返しになりますが、その仕事の先にある高い経験値に気づかず、親鳥が持ってきてくれる美味しい(誰にでもできる単純で楽な)仕事を待つようになっていたら、すでに社内価値も市場価値も失っているはずです。

でも手遅れはありません。

今からトラブルを自分から拾いに行くくらいの気持ちで仕事を探してください。

求められる成果から逆算して仕事を組み立ていない

社員に求められているのは、作業を終えることではなくて作業の結果として成果を顧客に届けることです。

作業結果を成果と勘違いしてしまうと、仕事どころか会社は顧客を失い兼ねません。

自分の仕事の結果が、顧客ビジネスの成長に貢献しているかを常に確認すべきです。

くまた

仕事に求められる成果から逆算して自分が今日やるべきことを見つかれれれば、毎日成長できている実感も生まれますし、スキルも上がるはずです。

努力を継続できない

努力を続けることが苦手な人は「この会社では成長できない」と言い訳しがちです。

市場価値のあるスキルや実績は、数ヶ月から数年という長い時間をかけて努力することでようやく手に入るものばかり。

ただルーティンワークだけをこなすだけの日々を過ごしていれば成長できないのも当然の結果です。

くまた

夏休みの宿題を最終日にまとめてやっている小学生と変わりません。

仕事は自分でつくるものと考えている人は、側から見てもものすごいスピードで成長するものです。

「成長とは何か」がそもそもわかっていない

成果が求めれるのは仕事だけではなく、あなたのキャリアも同じことです。

成長が感じられない、スキルアップしているように思えないのであれば、まずあなたにとっての成長とは何か、スキルアップとは何か、それがいつまでにどういく形で達成できればいいのか自分に説明できるでしょうか?

毎日仕事をしていれば自然とスキルも実績も得られるように思ってしまうかもしれませんが、会社は学校ではありません。

成果のないところにスキルも実績も生まれないのです。

くまた

求められる仕事の成果から逆算して、必要なスキルを身につけ学んで、成果を顧客に届けたときに初めて成長が実感できるはずです。

自分一人で考えても視野が狭くなっているときは欲しい答えにたどり着きません。

企業が求めるスキルとは何か、あなたに足りないものは何かを知ることなしに、ビジネスパーソンとしての成長はいつまでたっても実感できないと思います。

なぜなら、あなたの努力の方向と企業が求めるものが合っていないと評価されないからです。

冒頭でも紹介しましたが、あなたがキャリアについて明確な目標を決めきれていないなら、有料のキャリア相談を試してみることもおすすめの一つです。

まとめ

ここまでの内容を簡単にまとめます。

  • 成長できない理由は2つ。自分に問題がる場合と組織に問題がある場合
  • 組織に問題が業界や会社の将来性に関わるときは転職を検討する
  • 社風に問題があり、リーダーシップのあり方で変わる可能性があれば、昇進して自分でリードするのもあり
  • 作業が与えられることを待つだけになっていないか?仕事は自分で探し、創るもの
  • 成果ベースで仕事を組み立られないと実績も実力も身につかない
  • やっぱり「継続は力」
  • 転職したらまずリセット

同じ会社で同じ仕事を続けることは楽かもしれませんが、時間が経つにつれてスキルは古くそこでしか使えないものになり、キャリアも市場価値を失います。

定年間近ならまだしも、20代30代40代で成長できない・将来性のない環境にとどまることは自殺行為です。

転職を環境を変えるための選択肢として考えるべきですが、そもそも自分にも原因があるのでは?と考えておかないと転職先で後悔することになりかねません。

くまた

自分に対して「このままここにいていいのか?」という問いかけをしたり、第三者から今の自分に対してのアドバイスを求めることを少なくとも年に1回はやってみてください。

悩んだ時がその時です。

手遅れになって失敗する前に行動しませんか?

スキルアップ以外の転職や仕事の悩みがある方は次の記事もどうぞ。

目次
閉じる