読めばわかる!「給与が上がらない理由」と将来の自分の給与

「毎年家族と海外旅行に行けたら最高だなぁ」

「もう少し年収が高ければ婚活もうまくいくのに」

「年収が低くて住みたい場所に家が買えない」

「もっと収入があれば、夢を叶えられたかもしれない」

「余裕ができれば住宅ローンを前倒しで払い終えて、老後資金を積み立てることが出来るんだけど」

お金で幸せを買えるわけではありませんが、お金があることで幸せになるための選択肢は増えますよね。

この記事では、給与・年収が上がらない理由と今日からできることをまとめてみました。

 

給料が上がらない理由を知っていますか?

何年立っても給料が上がらない理由を知っていますか?

そこがはっきりと分かっていないと対策も立てようがありません。

まずは以下に上げる身近な3つの方法での自分の「将来」値段を予想してみましょう。

① 入社年の手取り年収と今の手取り年収はどれくらい増えていますか?
② 同じ業界・職種の自分の年齢の平均年収と10年後の平均年収を調べてみる
③ 同じ職場で、3年先輩、5年先輩、10年先輩の給与を調べてみる

この3つを調べると今のまま働いた場合収入がどうなるのかはだいたい想像できます。

ではその未来で、あなたの今の悩みや不満は解消されているでしょうか?

最初に上げた夢や希望はかなって、不満は解消しているでしょうか?

 

経営者の視点で自分の給与を考えてみる

年商1億円、社員は社長を含めて10名の会社があります。あなたが社長なら社員一人当たりにいくらの給与を払いますか? また、自分の給料はいくらにするでしょうか?
 
ものすごく単純化してた例ですが、以下の想定で考えてみます。
・社長の給与を年収一千万。
・人件費を覗いたオフィス賃料などの経費は年間1500万。
営業利益を2000万とすると、残りは5500万ですから、これを9人の社員へ平等に支払うとしたら一人当たりの年収は611万ほどになります。
ここに会社が負担する社会保険料や有給休暇、その他福利厚生など、会社が社員一人ひとりに負担する費用を考えると、ざっくり額面は400−450万といったところではないでしょうか。
 
 
社員一人当たりの年収を700万に上げるとすると、この会社はどうなるでしょうか?

人件費の総額は800万増えますから、営業利益は1200万となり、利益率は20%から12%へ一気に落ちてしまいます。

この会社が社員の年収を上げることを発表したら、あなたは投資しますか?

社員の給与を上げると売上・利益が上がって儲かることが確実なのであれば、喜んで投資するでしょう。

でも残念ながら、そんな会社の例は聞いたことないです。

あのトヨタでさえ2019年のベースアップは月1万円ちょっと、年額で12万です。

そもそも賃金増は企業にとって費用対効果が薄いものです。辞める人はいくら上げても辞めますし、社員の代わりはいくらでもいるのです。

なぜなら会社とは、特定の人間に過度に依存しないための「組織」だからです。

一方で、年功序列でクビになることもなく、少しづつではあるけれどもベースアップで給与はあがる、しかも企業年金や退職金などの外資系になはい手厚い福利厚生もあれば、転職を選ぶメリットは少ないと考える人も多いはずです。

 

給与を上げるためには計画が必要です。

会社員にしろ個人事業主にしろ、給与・収入は自分の働きに対する対価ですから、働いた結果に価値がなければお金は手にはいりません。

そして、その市場での価値を示す一つ基準が給与です。

つまり、給与を上げる対策の出発点は、高い給料を払えるだけの体力のある会社を選ぶこと、その会社で実績を出せるだけの経験・能力=将来貢献度を証明できることです。

 

会社の体力を知るには何を調べればいいのでしょうか?

給与は自分につけられた値札です。まずはその値段が高いのか安いのかを知る必要があります。


代表的な方法は以下の2つです。

① 企業情報サイトや会社四季報で社員の平均年齢と給与を調べる。
これでその会社が平均的に出せる給与がわかります。

転職希望先の会社が大体絞れているのであれば、この調査で社員平均年齢の平均給与はわかると思います。

問題は、自分がそれをもらえるかどうか=利益をもたらす人材であると認めてもらえるかどうかです。

おすすめ関連記事

情報収集の重要性については「財務諸表を読んでみよう」という別記事でも書きましたが、こちらでは転職、企業、業界に関する情報をどうやって集めるか、どこにあるのかを書いてみたいと思います。昔からある紙媒体のメディアも最近はウェッブ化されて検[…]

② 転職エージェントに登録して、業界、競合、職種の給与と自分の値段を知る。

まず自分の今の値段を客観的に詳しく分析したいときは、やはり転職支援サービスを使って評価してもらうってもいいでしょう。

年齢や経験、希望する業界や職種でオススメはあるのですが、この段階では以下の募集も多い大手3社の中から1〜2社利用してみれば十分だと思います。

 

 

給与が上がらない人の3つの特徴


私の周りでも頑張っているのに報われない人は結構います。そうした人の特徴を上げてみました。
① 指示待ちの人
人に使われるタイプの人で、自ら率先して仕事を探したり、今の仕事を改善したり、自分がいなくなった場合でも仕事が回るように仕組み化したりということができない人です。
 
② 社内規則を知らず、そもそも昇格の条件を満たしていない人
意外と多いのがこのタイプ。実力もあるし周囲の評価もいいのに社内規則を知らないばっかりに昇格できない人です。
ただ、この手の人は、実はビジネスでもルールを無視して猪突猛進しやすいタイプもまざっているのも事実ですね。
 
③ 俺は給与分しか働かないという人
「指示待ちの人」と重なる部分がありますが、プライベート最優先で空気をあえて読まず、提示にはきっちりと変える人。
ただし、本人が言うほど給与分の利益を会社にもたらしているとは思えない残念な人です。

 

大幅アップを狙いたい場合営業など成果型報酬の手厚いポジションへのキャリアチェンジも一つの選択

ハイリスクにはなりますが、一つの手として考えられるのが営業職などの「成果型報酬」の仕事に異動希望を出してキャリアチェンジをするか、給与システムが成果報酬型になっている会社に転職することです。

実は営業向きで大幅給与アップ!なんてこともありえますが、業績を上げたときの上振れは大きいけど、実は基本給が新卒以下なんてこともありますから、向き不向きに加えて十分下調べをして最悪のケース=成果ゼロを想定するべきです。

既婚で奥さんが専業主婦であれば、パートに出てもらう(もしくはその準備)など生活を守るための計画をすべきですし、そのためにしっかりと話し合っておいた方がいいと思います。

 

第二・第三の収入源を作る

ここではあまり深く書きませんが、収入源を複数持つこともリスクを減らす有効な手段です。

政府もサラリーマンの副業を支援し始めていますが、大手企業の7割は副業禁止を継続するといっていますので、自分の会社がどの立場を取るのか、転職先はどうなのかを調べておきましょう。

 

まとめ

「選択を迫られたときにより険しい道を選ぶ」という人は、その先に険しさに見合った報酬を見据えています。

背伸びをしてでも掴まないと2度と届かないチャンスもありますが、闇雲にチャレンジしても結果はついてきません。

私の目標とする成功している知人は、主観的・客観的な情報を集めた上で現状を分析し、目的を持ち、それに向けた継続的な努力をして「狙って」成果を出していました。

一方、5年10年と努めた会社であれば気に入った理由があるはずです。

(実績を過少評価して「安売り」している場合もありますが。。。)

その上で、自分の実力と「売り時」を考えて、「明日の一手」を打つことが大切です。

スポンサー広告
最新情報をチェックしよう!