ニートから正社員へのクラスアップ?未経験者採用枠が広がってきた?

dodaが発表する求人倍率の記事でもお知らせしましたが、人材市場に活気がもどってきています。

有効求人倍率が回復して生きており、未経験者求人もふえつつあるようですね。

もともと人材不足がつづいていて、ここ2〜3年はとくに不足感がつよくなっていたIT業界はまさにV字回復しつつあります。

倍率的には9倍近くなっていますから、1人に対して求人が9集まるという圧倒的な売り手市場です。

未経験者への求人が増えつつあると言っても、単純にハードルが下がったわけではなくて、企業が欲しいのはやはり経験者でありスキルを持ったエンジニアです。

このIT業界に転職したい未経験者とスキルを持ったエンジニアが欲しい企業側のニーズを繋いでビジネスを展開しているのが、未経験者向けのトレーニングを無料で提供して企業に派遣・紹介している人材サービス会社です。

未経験でIT業界に転職したいひとにとってはお金をかけずにスキルが身につき、仕事も紹介してもらえるといういたれりつくせりのチャンスですが、これはほんとうにメリットだけの仕組みなのでしょうか?

この記事では、これからIT業界に転職したいけどお金もスキルもないという方がトレーニング付きの就職支援サービスを利用するメリットとデメリットを解説したいと思います。

目次

\ 無料転職相談詳細(公式サイト)はこちら /

無料トレーニング付きの就職戦サービスのメリットとデメリットを知る

実はハローワークトレーニングや職業訓練給付金など公的な支援制度もありますが、募集枠や応募条件・講習内容に制限があるので希望者全員はうけられません。

無料トレーニング付きの就職戦サービスは公的支援がカバーできない人を支援し、企業側のニーズを満たすニッチなサービスということができるかもしれませんね。

まずは無料トレーニング付きの就職戦サービスのメリットとデメリットを一覧表にまとめましたので、ご覧ください。

メリット
デメリット
  • 受講費用がかからない
  • 資格取得費用もかからない
  • 就職先も紹介してもらえる
  • 学歴不問
  • 受講体験がないので入校しないとわからないことがある
  • 途中退校・自分で転職・就職活動・紹介先企業を短期間で退職すると違約金が発生する場合あり
  • 研修期間中は働けない
  • 就職先は首都圏など地域が限られる
  • 適性がないと入校できない
  • 年齢制限あり

こうしたサービスは30年前くらいからあるので目新しいものではありません。

くまた

僕自身が人材派遣会社のトレーニング付き派遣斡旋サービスを利用してIT業界に転職しましたから、内容的にはほぼいっしょだなと感じています。

すべての未経験社にお勧めできない理由があるとしたら、地域限定という点と短期集中研修で働くことが認められていないので、その間の生活費を確保しておく必要があるという点ですね。

他のデメリットについては当たり前で特にデメリットとは僕は思いません。

ネットでクチコミなどを調べるとマイナスのコメントもありますが、未経験・ニートからの正社員転職・IT系職種へのキャリアチェンジを目指すのであれば、まずは「ゼロを1にする」ことが大切だと思います。

くまた

僕自身最初の仕事に100%満足したわけでは決してありませんでした。

不満はあってもITエンジニアとしてスタートできたことが何よりも大切だったんです。

そのおかげでそれから25年キャリアアップを続けられたのですから!

短期間とはいえ僕の時にはなかったシェアハウス(社員寮みたいなもんですね)を提供するところがあるのはすごくありがたいなと思います。

また、以下のリンクでも紹介しているネットビジョンアカデミーなどは職種もネットワークエンジニアに限られています。

応募するサービスでどんなスキルが身に付いてどんな職種を紹介してもらえるのかについてはしっかりと確認しましょう。

他のサービスについてもまとめてありますので、未経験からのIT転職に興味があればぜひ参考にしてください。

>>【20代向け】ニート・未経験・既卒からのキャリア作りにおすすめの転職エージェント

くまた

未経験でもあなたがやりたいことがきまっていて、その仕事と方向性がまったくことなる職種であれば、たとえ無料トレーニングを受けられて就職支援してもらえたとしても、ハッピーにはならないと思うので。。。

背景は人手不足が深刻化

「トレーニングも就職支援もしてもらえて無料って、詐欺じゃないの?」と疑う気持ちもわかります。

日本人ならだれもが「タダより高いものはない」って子供の頃から教えられましたのね。

ご安心?ください。

お金はちゃんと流れています。

簡単にいえば、トレーニングコストは企業からの人材紹介料でカバーされているんです。

転職エージェントのビジネスモデルを考えてもらえれば仕組みが理解しやすいと思います。

あなたが転職エージェントを使って転職した場合、転職先の企業から転職エージェントには手数料=転職成功報酬が支払われます。

だいたい年収の20%~30%と言われていますから、年収が500万円であれば100~150万円、年収が1,000万円であれば200~300万円が転職成功者ひとりにつき支払われるわけです。

この手数料収入の一部をトレーニング費用に当てればいいわけです。

くまた

ネットワークエンジニアの年収は未経験でもCCNAなど業界標準の資格をもっていれば400〜500万円程度は期待できますから、10人研修生があつまれば手数料収入も1,000万円をこえますので、専任講師をやとってもお釣りがきます。

つまり、こうしたビジネスモデル=利益を上げる仕組みがあるので、途中でやめたり自分で転職活動して転職してしまうと人材サービス会社に成功報酬がはいらなくなるので、契約違反した受講者に違約金が請求されるわけですね。

企業側としても、ある程度ネットワークエンジニアを抱えていますから、基本的な知識・スキルがあれば業務については2〜3ヶ月かけて学んで貰えばいいし、現場経験を積むことで技術力が伸びることはわかっています。

応募してもい採用できるかわからない人材を待つよりも、ある程度のコストをかけて確実に欲しいスキルを持った人材が手に入るなら、投資として費用負担をすることは合理的です。

まあ、それくらいい人材不足が深刻で、優秀なエンジニアや経験者の奪い合いになっているということでもあるんですが。。。

最初から大手企業をねらってもムリ

未経験での転職の難しさ、一番のリスクは、自分で職探しからすべてやろうとすると経験もツテのないので、入ってくる情報の質が悪く量も少ないということです。

つまり、ブラック企業につかまるリスクが高くなるということ。

別記事でも初回していますが、IT業界はピラミッド型の構造で、孫請け・ひ孫請けはあたりまえ、下に行くほど労働条件は低くなります。

労働時間は長くなり、給料はやすくなるということですね。

このリスクをさけるためにも、転職エージェントやトレーニング付きの就職支援サービスを使う理由は十分にあります。

くまた

ただし、1ヶ月程度のトレーニングをうけて資格をとったばかりの未経験社を無条件で採用する大手企業はありません。

年収は落ちるかもしれませんが、最初は2字請け・3次請けの中小企業からのスタートになることは覚悟しましょう。

※それでも他業界よりは平均年収が高いので、普通に生活できるレベルの年収にはなりますよ。

僕の場合も最初はIT業界の中堅企業でのスタートでした。

英語力があったおかげで、その後スキルと経験があがったあとは外資系トップ企業に派遣されて時給もグングン上がり、ヘッドハントされて正社員になることができました。

繰り返しますが、未経験転職にとって一番大切なことは、チャンスをつかんで「ゼロを1にすること」です。

一度業界に入ってしまえばこちらのものです。

それ以降は経験者ですから!

あせらず一歩ずつすすめば、年収が順調に上がっていく業界です。

デジタルトランスフォーメーション、AI、デジタル化、自動化でIT人材の需要が本格的に爆発するのはこれからです。

くまた

いますぐはじめれば先行逃げ切りでキャリアをあげられる10年に一度のチャンスですから、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

まとめ

ここまでの内容を簡単にまとめます。

・人材市場が回復してきた。

・特にIT業界・IT系職種の回復ぶりがすごい

・政府主導のデジタル化によって、この傾向はこれからますます加速する

・人材不足を補い、企業のニーズを満たすために人材サービス会社が提供するトレーニング付き就職支援サービスが増えている

・デメリットを理解して利用すれば、自己負担をおさえて短期間でスキルアップ・キャリアチェンジが可能


・未経験者にとって一番大切なことは、「ゼロを1にする」こと

トレーニング付き就職支援サービスはメリットもデメリットもありますが、大切なことはあなた自身がなにをいつまでに達成したいのか、その方法にどんな希望・条件があるのかをキチンと言葉にして把握することです。

なんとなく年収が高そうだから、人手不足で仕事がありそうだからでチャレンジして欲しい年収が手に入るほど甘い世界ではありません。

キャリアプランもすすめながら、あなたにマッチするチャレンジ方法を選んでもらえたらとおもいます。

目次
閉じる