ネットで年収査定を試してみたら驚愕の結果!転職で給料は上がるのか?

迷えるサラリーマン

転職して給料あげたいけど、ダウンしたらどうしよう
転職後の年収を簡単にチェックできる方法は?

大手企業の黒字リストラやジョブ型の人事制度の導入など、サラリーマン&OLのキャリアアップは今までのやり方が通用しなくなってきています。

確かに平均年収だけを見れば大手が高いと言えますが、中小や外資でも十分高年収を得ることができます。

この記事では、ネットで気軽にできる「年収査定」を実際にやってみた結果と信頼性についてまとめてみましたので、自分の値段を知りたい方は参考にしてください。

くまた

年収にフォーカスして書いた記事で、やりがい・やりたいこと・ライフワークバランスなどは無視していますので、ご注意ください。

年収を上げる具体的な方法については次の記事にまとめてありますので、興味のある方はこちらもどうぞ。

目次

まずは実際の年収査定結果から

結論から言えば、もうバラバラでした(爆笑)

上は2,410万から、下は585万、その差1,825万円!

年収査定サービス名年収査定結果
Pasona「年収査定・年収診断趣味レーション2,190 ~ 2,410万円
doda「年収査定787万円
Proseek「あなたの適正年収教えます629 ~ 722万円
ミイダス「現在の市場価値を調べる585万円

年収査定の内容はざっくり以下のパターンだと思います。

・現在の年収が適正かどうか=経験・スキルから市場平均とどれくらい異なるか

・現在のスキル・経験・年収を元にマッチすると思われる求人データを引っ張ってきて、その平均年収を提示する

特に後者の場合は、年収査定チェックを提供している転職サービス会社ごとに持っている求人データや転職実績データが異なるので、かなりブレていると感じました。

くまた

上記以外にも「AIが査定します!」とうたっているものも試したのですが、査定結果が「xxx万円」と表示されるだけなので、AIが何か特別なことをしている雰囲気はなく、どういうロジックで評価しているのかもわからないので特にスゴ味もなく「ふーん」くらいの感じで感動はありませんでしたね。。

上記4つのサービスには加えませんでしたが、中には性格診断か?という質問をぶつけてくるサービスもあり、なかなか楽しめました。

注意点は以下の通りです。

・各サービスが算出してくれる想定年収や査定結果のロジックが統一されていない

・提供している転職サービスの会社が持っているデータが元になっているはずなので、業界・職種の偏りが出やすく、しかも算定根拠が利用者にはわからない


・結果に対する提案=どうやれば年収が上がるのか(必要なスキルや経験についてのアドバイス)はゼロ

ゲームくらいの感覚で試すにはいいですが、自分に合ったアドバイスが欲しいときは転職エージェントの無料キャリアカウンセリングがおすすめですね。

IT業界の転職ならマイナビエージェント×IT<ご登録無料>
※ 国内最大級の転職支援実績アリ。応募書類の準備から面接対策まで、親身な転職サポートをしてくれます。IT業界でキャリアアップしたい転職初心者はまずここで市場価値の査定を

IT・Web業界での転職なら【レバテックキャリア】
※IT/Web系のエンジニア、クリエイターに特化。職務経歴書の添削、模擬面談で事前準備を徹底サポートしてもらえる。各企業の方針、社風、採用ポイントも把握しているので転職初心者や交渉が苦手な人におすすめ

外資系・日系グローバル企業での英語を活かした転職に強いロバート・ウォルターズ
※コンサルタントによる面接アドバイスや履歴書の添削をしてもらえる。公式サイトには転職アドバイスのコンテンツも充実。外資系にチャレンジしたいならここで市場価値を査定してもらうのがおすすめ。

自分で探す場合とオファーが来る場合で年収レンジが全く異なる

実はこの半年の間幾つかのオファーをもらって面接まで受けました。

そこでもらったオファーは全て8桁

くまた

ネットの年収査定との差が生まれる原因は、年収査定で入力する年齢、学歴、スキル、業務経歴、管理職経験年数では評価できない要素がたくさんあるし、そもそも「交渉」が発生しないという点ですね。

僕自身が採用担当として面接の時の評価で重要に思っていた点は、

・話すときの落ち着きや質問に対する回答の返し方

・論理性、相手に伝えようとする熱意

・伝え方や言葉の選び方の丁寧さ

などです。

理由は人柄や経験がよく現れるポイントだから。

そこで信頼をえて評価されれば、その後の年収をはじめとする処遇条件の交渉はとても有利になります。

くまた

個性は評価しない査定アプリと個性を求めるオファーでは、やはりスタートとなる給与レンジが異なりますね。

この点からも興味本位で試すことは止めませんが、本格的に転職活動を始めるなら転職エージェントの無料キャリア相談などで、プロのキャリアカウンセラーとの面談を通じて評価してもらった方が、僕的には間違いなく納得感がありました。

くまた

なんといってもつけた値段の理由(自分に足りないものを含めて)をちゃんと説明してくれますからね。。。

自分の現在位置、今の市場価値に興味のある方おすすめの転職エージェントでぜひキャリア診断を試してください。

大事なのは自分ブランドを作ること

最近知人の転職相談を受けることが続いたのですが、転職が初めての人、前回から期間が開いた経験の少ない人はブランディング=自分の売り方が上手くないと感じました。

持っているスキルや経験を時系列で並べても、あなたの価値は伝わりません。

くまた

自分ブランドはスキルの掛け合わせで作っていくという話を別の記事でも紹介していますが、転職先のビジネス目標達成に貢献することができると証明するために、自分のスキル・経験をどう活かすのかを伝えきれていないんです。

あなたの中に眠っている本当の市場価値を引き出すためにも、どんな戦略=方法が選択肢としてあるのかを知り、自分にあったやり方を選ぶことが年収アップを実現するためには必要です。

具体的な転職方法にどんなものがあるかに興味のある方は、再掲になりますが、次の記事をぜひ参考にしてください。

年収査定サービスの結果がどんなものであれ、それほど気にする必要はないと思います。

年収を上げる転職がしたいなら、

・平均年収の高い業界・会社、仕事を選ぶ

・自分の持っているスキルと経験の棚卸し

・手に入れたいポジションや経験、スキル、年収目標の設定

をやって、現状と目標のギャップを埋めるために必要な「今日やるべきこと」を決めて実行・継続するだけです。

くまた

目標の立て方について興味のある方は、次の記事をご覧ください。

あなたならではの市場価値の高いスキル・経験の組み合わせ=ブランドを見つけて、足りないものがあればそれを身につけるための計画を立て、実行あるのみ!

結果を出せば、高年収のオファーが向こうからやってくるようになります!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる