トレンド:未経験可・正社員採用の求人への応募が増加中【マイナビ調査より】

マイナビの新型コロナウィルスが転職市場に及ぼす影響について調査した結果を発表しています。

企業の状況や求職者の動向をとてもわかりやすくまとめているので紹介します。

概要としては次の通りです。

・求職者一人当たりの応募数は1.2倍
・企業側は「異業種・職種未経験可」の求人を減らしている
・「ITエンジニア、webサイト運営」「営業」「設計、施工管理」などはこれまでどおり正社員採用する割合が高い。
・全体の約3/4は「異職種・業種未経験可」の求人に応募が集まっている

引用:マイナビ「新型コロナウィルスが転職市場に及ぼす影響」より

おそらく飲食業や宿泊業などからIT業界などの慢性的な人手不足の業界や営業職などの入れ替わりの激しい職業へ流れている傾向が出ているのではと想像できます。

未経験であっても突然の解雇リスクの低い正社員採用を求める傾向はこれからも続き、企業側は未経者採用を減らそうとしているようなので年明け以降「未経験・正社員」のポジションは競争率は高くなっていくかもしれませんね。

※飲食業を含めた異業種からIT業界への転職については記事にまとめていますので、興味のある方はご参照ください。

新型コロナのワクチン接種が始まって、ある程度の効果が出始め、病院の稼働状況が落ち着いてきたら経済回復のスピードは早くなると思いますが、それがいつになるかが転職市場の動きに影響しそうです。

転職活動中の方はアンテナを張っていい条件の求人情報を逃さないこと、転職を考えている方は志望先企業の業績や中期経営計画、口コミ情報などに注目して業界・企業研究をしつつ情報を集めることをおすすめします。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる