転職活動で内定が出たら健康診断書の提出が必要?【費用や注意事項を解説】

この記事の概要
・入社前に求められる健康診断書の提出は法律上の義務だから
・原則費用は会社側が負担すべきだが、転職者側負担の場合あり
・入社予定の3ヶ月以内に診断履歴があればその結果を提出すればOK
・内定には影響しないが、業務遂行に影響ある場合は試用期間中の評価に影響する可能性あり

こんな疑問に答えます。

・内定出たら健康診断して来いと言われた。なぜ?
・入社前の健康診断は自己負担?
・健康診断の結果は内定に影響するの?

転職活動が進み、最終面接〜内定が出るくらいに企業側から健康診断書の提出もしくは健康診断受診を依頼されることがあります。

これは「労働安全衛生規則」という法律で決められている企業側の義務があるからです。

この記事では具体的な内容と注意点について解説します。

目次

転職時に健康診断書の提出が求められるのはなぜ?

採血中の写真

企業が転職者に健康診断書の提出を求めるのは以下の法律で義務付けられているからです。

第 四十三条 事業者は、常時使用する労働者を雇い入れるときは、当該労働者に対し、次の項目について医師による健康診断を行わなければならない。ただし、医師による健康診断を受けた後、三月を経過しない者を雇い入れる場合において、その者が当該健康診断の結果を証明する書面を提出したときは、当該健康診断の項目に相当する項目については、この限りでない。

引用:労働安全衛生規則「雇用時の健康診断」

健康診断の具体的な内容は以下の通りです。

一  既往歴及び業務歴の調査
二  自覚症状及び他覚症状の有無の検査
三  身長、体重、視力及び聴力(千ヘルツ及び四千ヘルツの音に係る聴力をいう。次条第一項第三号において同じ。)の検査
四  胸部エックス線検査
五  血圧の測定
六  血色素量及び赤血球数の検査(次条第一項第六号において「貧血検査」という。)
七  血清グルタミックオキサロアセチックトランスアミナーゼ(GOT)、血清グルタミックピルビックトランスアミナーゼ(GPT)及びガンマ―グルタミルトランスペプチダーゼ(γ―GTP)の検査(次条第一項第七号において「肝機能検査」という。)
八  血清総コレステロール、高比重リポ蛋たん白コレステロール(HDLコレステロール)及び血清トリグリセライドの量の検査(次条第一項第八号において「血中脂質検査」という。)
九  血糖検査
十  尿中の糖及び蛋たん白の有無の検査(次条第一項第十号において「尿検査」という。)
十 一 心電図検査

最近はあまり聞きませんが、もしHIV検査などプライバシーに関わる検査を要求する企業については要注意です。

そのような場合には理由やその情報の取り扱いの詳細を確認するとともに、検査を拒否したときの取り扱いなどを確認した上で、必要に応じて労働基準監督署などへ相談すべきです。

厚生労働省も以下のようなガイドラインを公表しています。

事業者は職場において、HIVに感染していても健康状態が良好である労働者については、その処遇において他の健康な労働者と同様に扱うこと。また、エイズを含むエイズ関連症候群に罹患(りかん)している労働者についても、それ以外の病気を有する労働者の場合と同様に扱うこと。

引用:厚生労働省「職場におけるエイズ問題に関するガイドラインについて」

健康診断の対象となる人

労働安全衛生規則台43条にも定められている通り、入社時に健康診断書の提出が必要となるのは「常時使用する労働者」です。

ただし、パートやアルバイトの非正規でも臨時採用ではない場合は健康診断書の提出が求められますので、事前に人事担当者へ確認してください。

健康診断の費用は誰が負担するのか?

健康診断の費用は原則企業側の負担です。また「昭和47年9月18日基発第602号」という通達で「健康診断の費用は当然会社が負担すべきものである」とされていますので、負担については人事担当者にしっかり確認しましょう。

ただし、その企業では入社前に転職者負担で健康診断を受けているという商慣習がある場合は、あまり揉めないほうがいいこともありますので、その辺は慎重に判断してください。

また、労働安全衛生規則台43条にも明記されている通り、入社予定日の3ヶ月以内に受けた健康診断書がある場合はそれを提出すればOKです。

会社が健康診断費用を負担してくれる場合でも領収書が必要ですので、忘れずにもらって保管しておくようにしてください。

健康診断はどこで受ける?

企業側が医療機関を指定する場合以外は、自分で健康診断を実施している医療機関を探して受けに行く必要があります。

企業指定の医療機関で受診できる場合は、入社年度の健康診断が免除されることもありますからこの点も確認しておくといいでしょう。

健康診断書を無くしてしまった!

もし健康診断書を紛失してしまった場合は、受診した病院で再発行をすることができます。注意点は以下の通りです。

・費用は2〜3千円程度
・再発行までに数日程度かかる
・健康保険証・免許証など本人署名書が必要な場合あり
・原則健康診断を受けた医療機関に直接受け取りに行く必要があり
・一部医療機関では郵送対応してくれる

健康診断の結果は内定合否に影響する?

健康診断中の写真

労働省職業安定局は平成5年5月10日に「採用選考時の健康診断について 」という通達を出して、健康診断が「応募者の採否を決定するために実施するものではない」ことを周知しています。

ただし、実際問題として健康の状況が思わしくなく、業務に差し支えるレベルになっている場合は、試用期間中の評価に影響する可能性は十分にあります。

もし健康面で不安がある場合は、転職活動の時点で転職エージェントに相談してみること、人事面接の段階で正直に相談することをおすすめします。

まだ転職エージェントの利用をしたことがない、検討中という方は次のおすすめ転職エージェントをお試しください。

IT業界の転職ならマイナビエージェント×IT<ご登録無料>
※ 国内最大級の転職支援実績を持っていて応募書類の準備から面接対策、給与交渉まで、親身な転職サポートをしてくれますので、転職初心者はまずここに登録することをおすすめします。

IT・Web業界での転職なら【レバテックキャリア】
※IT/Web系のエンジニア、クリエイターに特化。職務経歴書の添削、模擬面談で事前準備を徹底サポートしてもらえます。各企業の方針、社風、採用ポイントも把握しているので転職初心者や交渉が苦手な人におすすめです。

※外資系・日系グローバル企業での英語を活かした転職に強いロバート・ウォルターズ
コンサルタントによる面接アドバイスや履歴書の添削をしてもらえる。公式サイトには転職アドバイスのコンテンツも充実。給与などの条件交渉のサポートも期待できます。

また、以下の公的機関でも健康相談できますので活用してください。

まとめ

野菜中心のヘルシーな食事の写真

この記事の概要を再掲します。

・入社前に求められる健康診断書の提出は法律上の義務だから
・原則費用は会社側が負担すべきだが、転職者側負担の場合あり
・入社予定の3ヶ月以内に診断履歴があればその結果を提出すればOK
・内定には影響しないが、業務遂行に影響ある場合は試用期間中の評価に影響する可能性あり

健康診断書は内定に影響しませんが時間と費用がかかりますので3ヶ月以内のものが手元にない場合は内定が出たら早めに準備しましょう。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる