トレンド:IT技術が仕事を変えていく現場から未来の仕事を読み解く

アメリカではアマゾンの次を狙う企業が続々と生まれている。

その中でも頭ひとつ抜けているのが「Shopify」だ。

その躍進ぶりを紹介する上記の日経記事の中で僕が注目したいのが、記事の一番最後に出てくる次の1文だ。

当然、「スーパーでの仕事がどんどん変わる」・・・・レジ打ちや店頭での接客から、顧客に送る商品を集めるピッキングやチャット対応への移行だ。同社はスーパーを模したラボを社内に設け最適なピッキングの手法を開発する。働き方のアップデートもテック企業の役割だ。

出典:日経新聞電子版「Shopify旋風と雇用 Amazon天下に揺さぶり」

IT技術の進化やデジタル化で消えた仕事や生まれた仕事については別の記事でも紹介したけど、求められるスキルには大きく変わらない、もしくは同じ社員が対応できる範囲に収まる場合でも仕事の内容がガラッと変わることがある典型的な例だ。

ただし、タブレットやスマホを使ってアプリを操作するなどのITスキルはどんな仕事でも必須になることは間違いないと思う。

こういう記事を読んで思うことは、年代関係なく自分なりの情報の集め方、情報源をどれだけ持てるかが生き残りの条件になってきていることも間違いのないことだと感じています。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる