トレンド:地方自治体には転職&キャリアアップのチャンスが転がっている?

福岡市が「国際金融都市」を目指してプロフェッショナル人材を誘致しているという記事が毎日新聞に掲載されていました。

記事中に「。。。海外の金融機関の進出など国際金融に特化したサポート窓口が設置された。金融業に詳しく英語や中国語などが堪能なスタッフが、企業の拠点設立に向けた手続きや場所探しだけでなく、住まいや病院の紹介など生活面でも相談を受ける。。」と書いてある通り、新しいビジネスを立ち上げるときにはその周辺の職種にも雇用のチャンスが広がります。

注目したいのはこうした地方自治体が世界の情勢を敏感に捉えて、ビジネスチャンスに繋げようとしている動きは転職者にとってもキャリアアップのチャンスになるという点です。

新型コロナでオフィスのある場所にとらわれない働き方ができることがはっきりしましたが、UターンやIターン希望の求職者だけではなく、大都市圏を離れて働きたいと考える人にとっても選択肢が広がりつつあります。

もしあなたが働く場所にこだわりがなく、また地方都市で働くチャンスを探しているのであれば、興味のある地方自治体の動きを調べてみることをおすすめします。

思わぬチャンスが転がっているかもしれませんよ!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる