トレンド:お店から店員がいなくなる?!【省人化が加速】

次の記事は全て日経電子版からの引用ですが、コロナによって店舗の省人化が一気に加速しています。

スマホがレジに スーパーの試み、密対策にも期待
高級スーパーの紀ノ国屋、無人決済の小型店
ローソン、セルフレジ利用で7月から独自還元2%
未来のスーパー、省人でも付加価値 コロナが革新迫る 

もともとは人手不足対策やコスト削減が目的だったと思いますが、それに新型コロナ禍によるソーシャルディスタンス、クラスター予防などパンデミック対策が加わることで対応が進んでいるのだと感じます。

コンビニやスーパーのレジはこれからどんどんセルフレジへ変わって人手が不要になるでしょう。

「ハンコの廃止」など菅政権のデジタル化政策によって進み始めた市役所や官公庁などの各種サービスに必要だった人手も不要です。

色々なサービスがオンライン、つまりスマホで出来てしまうようになってきています。

僕たちの周りからどんどん仕事が減っていますが、減った仕事はどこへ行くのでしょうか?

確かなことは、この流れは加速し続けるということです。

アンテナを張って生まれ始めた新しい仕事やこれから生まれてくるサービスに必要なスキルを身につけること、どんな仕事にも必要とされる「ポータブルスキル」を磨き続けないと、生き残れない時代になってきたのだと思います。

身の回りの変化が自分の仕事をどう変えてしまうのか、を想像できる力が試されている気もします。

コンビニのセルフレジ、あなたの生活はどう変わりますか? それは何を意味するのでしょうか?

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる