定点観測:doda転職求人倍率レポート2020年8月

dodaから毎月発表されている業界・職種別の求人状況をお伝えします。

2020年8月の転職マーケットの概要
全体:求人倍率は+0.04ptの1.65倍。求人数、転職希望者数ともに減少したものの、転職希望者の減少のほうが大きく、求人倍率は上昇。
・2020年8月の求人倍率は1.65倍(前月比+0.04pt/前年同月比-1.14pt)。
・求人数は前月比94.1%、前年同月比65.0%。
・転職希望者数は前月比91.9%、前年同月比109.8%。

引用元:doda「転職求人倍率レポート(2020年8月)」より

多くの職種で求人倍率は上昇を見せていますが、転職希望者の減少で相対的に求人倍率が上がっているだけですので、まだまだ多くの業界・職種で厳しい状況ですね。

転職求人倍率
引用元:doda「転職求人倍率レポート(2020年8月)」より

IT系職種については減ってはいるものの変わらず高止まりしていて、菅政権の「デジタル庁」創設に向けた動きがデジタルトランスフォーメーションの流れをさらに加速していくことで、人材不足も悪化すると考えています。

業種別転職求人倍率
引用元:doda「転職求人倍率レポート(2020年8月)」より

経済産業省の令和2年概算要求の内容にも「デジタル経済」対策費用がてんこ盛りなので、このトレンドは10年以上続く大きな波だと確信しています。

経産省令和2年の概算要求の抜粋

転職でキャリアアップを狙うなら、できるだけ大きな波に乗る=成長する業界・会社を見つけることが失敗しないための必須条件です。

企業・業界研究と一緒に、国際社会が向かおうとしている方向なども調査して理解しておくことも重要ですね!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる