地方転職したくなったら押さえておく田舎暮らしのメリット・デメリット

・新型コロナをきっかけに、在宅ワークが定着した。東京に「住まなければいけない」理由がない

・通勤電車や人混みはもう嫌だ。

・欲しいものはほとんどがネットで手に入る。・大都市は必要な時に行けばいい

この記事を読むと、

・転職なしの地方移住
・地方への転職・移住のメリット・デメリット

がわかります。

目次

アフターコロナ・ウィズコロナの働き方

新型コロナはビジネスモデルを壊すと同時に、働き方の変更も強制しました。

感染予防・拡大防止のために、在宅勤務が中心となり、パソコンさえあれば通常業務のほとんどが可能であること、顧客側も同様の状況であり、訪問や常駐する必要がなかったことに気づくきっかけにもなりました。

この結果、高い家賃を払っていた都心のオフィスを解約して在宅勤務を基本とする会社や、実家や地方での仕事を許可する会社が増えています。

つまり、転職することなく地方で働ける時代が始まっています。

キャリアの選択肢として地方移住のメリット・デメリットを解説します。

外資系やベンチャー企業は働く場所を制限しなくなってきた

自然環境のいい、「痛勤」とは無縁の地方で働きたいけど、仕事がない、仕事があっても給料がくて転職できないという悩みを解決する方法が生まれました。

新型コロナの感染予防と拡大防止、優秀な人材の確保、オフィスコストの削減というメリットが重なって、社員の地方移住を許可する会社がベンチャー企業や外資系企業を中心に増えています。

企業・業種によって異なる働く場所の自由度

一方、店舗や工場での勤務が必要な職種は在宅勤務は許可するものの、地方移住は難しいでしょう。

これはビジネスモデルの違いによるので良し悪しの問題ではありませんが、店舗販売を中心とする小売業などは商品によってはネットショッピング中心へとビジネスモデルを変えた場合、ベンチャー企業や外資系企業同様、社員の地方移住を許可するようになるかもしれませんね。

地方移住のメリット

転職してもしなくても地方移住にはメリットデメリットがあります。

僕個人の意見としては、地方移住の成否の鍵は、どれだけデメリットを洗い出せるか、そのデメリットをどれだけ受け入れられるかだと思っています。

事前にどれだけ多くの情報を集められるか、事実確認がどこまでできるかがとても重要です!

労働環境が良い

地方移住の市場のメリットは、労働環境の良さです。

満員電車での痛勤もないどころかリモートワークの場合は通勤自体がありません。

しかも空気も水も新鮮で美味しい、自然環境豊かな土地。

仕事場も自分の好みに合わせてアレンジできますから、会社の狭い机で10cm隣は同僚が積み上げた書類なんてこともありません。

都心のオフィスはビルの中で、換気もできず、エアコンの設定温度も極端で冷え性の人、暑がりの人それぞれ不快な環境になりやすいことを考えると比べることすら意味がないくらい快適な環境が手に入ります。

生活費用が低め

生活費用の低さもメリットになる可能性はあります。

東京で毎食たくさん「新鮮な」野菜を食べようと思ったら食費が信じられないくらい高くなりますが、地方によってはその数分の1で済むでしょう。

野菜に限らず品質の良い安価な食材を手に入れることは比較的容易になるかもしれません。

もちろん、有機栽培・飼育の食材など特定目的の食材については地域によって入手難易度が変わりますので、事前に調査してください。

ただし、これは地域差が大きいですし、東京のように地下鉄であちこち移動しながら世界中の食材を集める、なんてことはできませんのでそうした趣味や食生活を送っている人は注意してください。

趣味生活が充実

スキー、ゴルフ、ヨット、SUP、海釣りなどのアウトドアスポーツやトレッキング、野菜などの個人レベルの菜園などの趣味がある方には社会インフラの貧弱さを補うだけの魅力が溢れていますし、地域コミュニティは逆に趣味人脈の宝庫になる可能性もあると思います。

地方移住のデメリット・リスク

現在の仕事をやめずに移住できるサテライトワーカーにとってはデメリットになりませんが、移住=転職の方にとっては地方移住にはデメリットがあります。

職場環境

職場環境についてもサテライトーカーと転職者では大きく異なります。

サテライトワーカーは在宅勤務が基本ですが、転職者は現地企業のオフィスへ出勤となります。

もちろん、新型コロナの予防的観点から在宅勤務を許可する会社も多いと思いますので、その点は確認してください。

求人が少ない

一番のデメリットは求人の少なさです。

この点は転職組にとってもサテライトワーカーにとっても将来的には同じデメリットです。

移住して働き始めたはいいものの、仕事が合わなかったりさらにキャリアアップしたくなった時、地方で希望するキャリアに合う仕事を探すのはどうしても難しいと思います。

この場合は、都市部に本社がありサテライトワークを許す企業や外資系企業やIT企業で勤務場所を社員の希望に合わせてくれる会社を選択肢に入れておくとチャンスが広がりますね。

地方への転職でも大切なのは情報収集

情報・求人が少ないからこそ、地方に転職する場合は情報収集が移住が成功するか、失敗するかの分かれ道です。

サテライトワークを制度として持つ企業も探さないと見つかりません。

まずは転職エージェントや転職サイトに登録して、実際に求人情報を検索してみることをお勧めします。

具体的な求人案件の内容を知ることで、自分の希望とどれくらいのギャップがあるかもわかりますし、転職&移住を実現するための問題や課題もわかるでしょう。

移住・転職後のキャリアをどう作ったらいいかについても転職エージェントの無料相談を活用して、企業の人事部とのパイプを持つプロからのアドバイスをもらうことで、キャリアプランをアップデートできると思います。

人手不足とはいえあなたが希望する求人には限りがあるはずですから、思い立ったらすぐに情報を集めることをお勧めします。

また、経産省の地域の未来を引っ張っていく中核企業情報なども役立ちますので、ぜひ参考にしてください。

地元情報は地元出身者やSNSで集める

移住するのであれば、仕事以外の情報収集も大切です。

身近に移住を希望する地域の出身者がいれば直接話を聞くべきですし、その人脈を活用して転職も実現できるかもしれません。

また、暮らしぶりや問題点などはSNSで探したり、市区町村役場に移住者向けの支援策などがないかを確認することも大切です。

福利厚生、給与が低くなる

地元企業への転職を希望する際はこの点は地域経済のレベルが基準になるので、避けられないデメリットです。給与も現地基準になるので大都市部に比べると大きく下がる可能性が高いでしょう。

ただ、求人同様、サテライトワークを認めている企業を候補に入れることで収入を落とさずに地方移住を実現できる可能性はあるので、日頃の情報収集が成功のカギになると思います。

転職エージェントの無料相談を活用したり希望条件を登録しておいて、案件が出たらすぐに情報が手に入るように準備しておくとチャンスが広がります。

社会インフラが貧弱

人だけではなくてお金も集まる大都市圏と比較して地方が弱いのが社会インフラです。

公共交通機関、病院、警察、消防など、生活を支えるインフラは人口規模に応じて整備が進みますから、どうしても不便さは残ってしまいます。

例えば、田舎では自動車がないと生活が成り立ちませんし、病院も選択肢がなく、町立・市立・県立といった市区町村単位で運営されており、町村単位だと医師不在という地域も多くなります。

また、警察・消防も規模が小さく、特に消防は地元の有志による自警の「消防団」に頼っている地域もとても多いです。

この場合、特に男性は移住とともに地域コミュニティの安全を担う人材としての期待も背負うことになりますので、その点は事前に確認しておく必要があります。

女性にとってはセキュリティと「臭い」

以下なの場合オートロック付きのマンションは数が少ないですし、一軒家の場合はセキュリティゼロです。

お隣さんも泥棒も押し売りも気軽に入ってくることができるレベルですので、済む場所は慎重にも慎重を重ねて検討する必要があります。

また、田舎には都会にない「臭い」がたくさんあります。

土、肥料、農薬、虫など都会ではあまり出会うことのない田舎独特の匂いです。

これは生理的に合う合わないがあると思いますので、移住先を絞った段階で現地に行って確認することを強すお勧めします!

地方移住・田舎暮らし成功の鍵は地域コミュニティへの参加

地方移住に何を求めるかによってデメリットもメリットになりますが、メリットもデメリットになります。

重要な点は、どこに暮らそうともその地域のコミュニティと無縁では生活が成り立たないのが田舎です。

その覚悟がないままに自然環境や生活コストの低さを求めて移住しても必ず失敗するでしょう。

自ら積極的に地域コミュニティに参加し、助け合う意思と覚悟がないうちは、移住はやめておいた方がいいと断言します。

どうしても都市部から離れたい、ただコミュニティへの参加は最小限にしたいと乞うことであれば、友人、知人、親戚、同僚などなどがいる地域、もしくはその近接地域を検討すると多少は負担が減るかもしれません。

まとめ

働き方改革や新型コロナの影響で、オフィスに毎朝通勤して仕事が終われば家に帰るという従来の働き方が大きく変わろうとしています。

もちろん、そうでない職種も多いと思いますが、ライフワークバランスを見直すときには選択肢として選ぶことができるようになりました。

この変化はとても大きなものだと思います。

  • ここまでの解説を簡単にまとめます。
  • 外資系やベンチャー企業は働く場所を制限しなくなってきた
  • 地方移住のハードルが下がっている
  • 求人や社会インフラなど、デメリットが消えたわけではない
  • 女性にとってはセキュリティと環境臭が課題
  • 地域社会への参加が移住成功の鍵

チャレンジはまだ色々と残っていますが、選択肢が増えたことは喜びたいですよね。

みなさんのキャリア選択がうまくいくことをお祈りしています!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる