IT業界への転職に有利な資格は?【不利な資格もあります】

・転職を考えているんだけど、IT業界で転職に有利な資格が知りたい。

・未経験でも持っていると有利になる資格はある?

・将来的に持っているといい資格は何?

この記事を読むと、IT業界へ転職するときに有利な資格、不利な資格、資格勉強法がわかります。

未経験でIT業界にチャレンジする場合でも、今IT業界にいる場合でも、転職に有利な資格があれば知りたいですよね?

そんな疑問に答えます。

目次

IT業界への転職に有利な資格は?

結論、IT業界は資格よりも実務経験のほうが圧倒的に大切です。

IT技術は陳腐化するスピードも速いので、国家資格のような汎用的な資格以外は現場で見につけたスキルと業務経験のほうが重要視されます。

セキュリティ系の資格やプロジェクトマネジメント系の資格など、資格保有が業務やプロジェクトで必須とされるようなケースはあります。

IT関連資格の種類

IT関連資格は、①国家資格かベンダー資格か、②エンジニア系資格かマネジメント系資格か、に大きく分類できます。

大まかにですが、図にまとめてみましたので参考にしてください。

※図の外側に向かうほど難易度が高い

難易度の高い上位資格のほとんどが実務経験を受験の前提条件にしていますので、業務経験がないと受験ができないものも多くなっています。

また、ベンダー系の上位資格は筆記試験だけではなく実際に機器や製品を使った実技試験を行うことで、資格としての有効性を高めようとしています。

取得に前提条件があり、試験にも実務経験が問われるような難易度の高い資格は「実力を裏付ける」という点で転職でもアピールになります。

一方、ITコンサル系は企業の経営層と相対することが多いので、技術系の資格に加えて中小企業診断士や会計士、ビジネス法務などがあると役に立つと思います。

IT資格の有利・不利

IT系の資格の中でも初級試験は択一式の知識問題ばかりなので、実務力を測ることができません。

ITエンジニアとして数年以上の経験のある方の場合、履歴書に保有資格として記載してもあまり効果はないどころか、わざわざ記載してあると見栄えがかえって悪くなりますので、おすすめしませんね。

全くの未経験でIT業界にチャレンジする方については、基本的な知識の証明になるので、入社後のトレーニングで省略できる部分があると判断されれば、立ち上がるまでの期間が短くなるという意味で投資効果が高い点が評価されて書類選考には通りやすくなる可能性はあります。

職種で必須とされる資格については、有利に働くと考えていいと思います。

例えば、企業全体のセキュリティ設計・運用の責任者であればCISSPの保有が前提条件になるケースがほとんどですし、大規模プロジェクトではプロジェクトマネージャー担当者がPMPを保有していることがプロジェクト受注の条件になっていることもあります。

特定IT企業が求める資格も有利に働くケースがあります。
例えば、自社製品やサービスの資格を前職で取得している場合は、入社時点で既にサービスや商品知識を十分に持っていることになりますので、有利に働くのではないでしょか。

また、その企業が戦略として特定の資格の有資格者を増やしたいときなど、既にその資格を持っていれば優先度は上がるはずです。

ただ、こうした企業が求める特定の資格については、入社後に取得をすすめられる場合もあります。通常は受験費用の補助もあ流ので、その時に取得すればいいかなと思います。

IT業界でキャリアアップに有利な資格は何か

これをもっていれば絶対に有利という資格はあまりありませんが、解説した通り国家資格でもベンダー資格でも上級資格は取得する意味があります。

また、将来的に海外で働く希望があれば、国家資格を取っておくとビザの審査などで有利に働く場合があります。なんといっても「日本国」が認めた証拠ですから。

そして僕がくりかえし書いているとおり、「英語力」です。

詳しい内容はエンジニア向けの英語学習のコツを説明した記事を読んでいただきたいのですが、エンジニアにとって資格以上にキャリアアップを助けてくれるスキルだと思うので、ぜひチャレンジして欲しいです。

IT系資格をどうやって学ぶか

「ウィズ・コロナ」の時代はオンライン学習一択になりましたね。。。

ただ、幸運なことにIT業界はオンラインでの学びととても相性がいいですから、積極的に活用してみてください。

初級レベルの学習であれば、無料で学べるサイトや動画がたくさんありますのでググってみてください。

ただ、資格の勉強ではなく、最初はスキルアップの勉強優先でいいとおもます。

もし転職を考え始めていて、そのキャリアに特定の資格が必要であることがはっきりとしている場合以外は、資格の勉強は一通りスキルを身につけた後に知識を体系化して抜け・漏れがないかを確認するために受験するという流れで十分です。

社会人向けのオンライン学習活用について書いた記事もありますので、よかったら参考にしてください。

まとめ

ここまでの内容を簡単にまとめると以下の通りです。

  • 初級資格は転職には有利に働かない
  • ただし、IT系職種未経験者の場合は、企業側の初期投資が少ないという点で若干の加点が期待できる
  • 実務経験が前提条件となる上級資格は、キャリアアップ対策としておすすめできる
  • ITコンサル系であれば、中小企業診断士や会計士の資格があると役に立つ
  • 将来的に海外勤務を希望するのであれば、国家上級資格をとっておくとビザ発行で有利に働くケースがある

資格取得は時間もお金もかかりますので、キャリアアップする上で必要になるタイミングや重要性を計算した上で取り組んでいただけたらいいのではないでしょうか。

みなさまのキャリアアップが希望通りに進むよう、祈っています!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる