転職に役立つ情報リンク集【IT業界をより深く知るために】

省庁や公的機関、転職エージェントなど多くの機関・企業が独自のデータベースを用いて多様な切り口で統計情報を分析したレポートを発表しています。

この記事では、転職に役立つと思われる代表的なものを集めていました。

転職活動を始めるときでも、なんとなくIT業界について深く知りたいときでも活用していただければ嬉しいです。

目次

人材市場を知る

経済産業省「IT人材需給調査」

経済産業省、厚生労働省、文部科学省の3省が協力してまとめたレポート。「第4次産業革命化で求められる人材の必要性やミスマッチの状況を明確化するため行った人材需給の試算結果」。

ポイントは、① IT人材全体の需要と供給、② 従来型IT人材と先端IT人材の構造変化、③ AI人材の需要・供給の3つ。

経済産業省「DXレポート」

デジタルトランスフォーメーションに向けた研究会」が取りまとめた資料で、2025年に古いITシステムの寿命供えて、諸課題に対応する環境整備を目的として作成されたもの。

直近5年くらいに求められるIT人材のスキルが理解できる。

厚生労働省「雇用動向調査」

業界別、性別、年齢別の転職率や理由などがわかる。

doda「求人倍率レポート」

転職サイトのdodaが3ヶ月毎に発表しているレポートで、業界別・職種別に転職市場動向を分析しており人材需給トレンドがわかる。

doda「職種別マーケットレポート:ITエンジニア」

dodaに登録されている求人・登録者から、以下IT職種の登録者動向・求人動向・採用ポイントをまとめたレポート。

  • コンサルタント(業務/IT) 
  • 業務系SE/PG
  • Webサービス系プロジェクトマネジャー・エンジニア 
  • Webクリエイター 
  • サーバエンジニア 
  • ネットワークエンジニア
  • 社内SE 
  • セキュリティエンジニア

業界規模・成長率を知る

総務省「情報通信白書」

情報通信の現況及び情報通信政策の動向について国民の理解を得ることを目的とした情報通信に関する現状報告。

財務省「電子商取引実態調査」

企業及び消費者における電子商取引利用の発展・拡大による経済社会の変化や影響等を分析を目的として、BtoC/BtoB/CtoC市場の成長率や市場規模、消費動向などを調査した報告書。

JPINIC「インターネット白書アーカイブ」

インターネットの動向を、ビジネス・技術・社会など多角的な視点で解説するIT/デジタル業界の年鑑。

ITR「コロナ禍の企業IT動向に関する影響調査」

調査会社のITRが新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大を受けて国内企業のIT動向がどのように変化したかを調査した報告書。

矢野経済研究所「国内民間企業のIT投資実態と今後の動向について調査」

IT業界の市場規模の推移・動向と、製品分野別の投資動向がわかる。

IDC「国内パブリッククラウドサービス市場予測」

IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社の国内パブリッククラウドサービス市場予測に関する調査結果。

企業を知る 〜成長性、人気、給与〜

経済産業省「地域未来牽引企業」

経済産業省によって認定された地域経済の中心的な担い手となりうる企業に関する情報とそれら企業の取り組み事例。

doda「転職人気企業ランキング」

大手転職サイトのdodaが発表している人気ランキング。ビジネスパーソン5,000人に対するアンケート結果を業種、職種、男女、年代、年収、職位別にまとめた報告書。

doda「女性の転職人気企業ランキング」

女性回答者に絞って分析を行ったもの。

ロバートウォルターズ「給与調査2020」

業界ごとの管理職を中心にポジション別の給与レンジをまとめたレポート。業界毎のビジネスパーソンに向けたアンケート結果、業界毎の市場動向分析結果もまとめられている。

東洋経済「平均年収全国トップ500社」

ビジネス週刊誌の東洋経済が定期的にまとめている平均年収トップ500社のランキング。

デロイトトーマツ「デロイト 2019年アジア太平洋地域テクノロジーFast 500」

ハードウエア、ソフトウエア、通信、メディア、ライフサイエンス、クリーンテック業界において最も著しい成長を果たしたアジア太平洋地域の企業について年次でランキングするものです。

企業を知る 〜働きやすさ、社風、口コミ〜

働きがいのある会社ランキング

フォーチュン紙で初めて発表されたもので、外資系企業の人事部の評価基準にもなるくらいメジャー。

OPENWOREK(旧Vokers)

国内最大級の社員クチコミ数を有する、転職・就職のための情報プラットフォーム。 社員・元社員のクチコミと評価スコアを公開している。

転職会議

現社員や元社員から企業の評判や年収、面接対策などを口コミとして投稿した情報を提供。

ブラック企業大賞

流行語の元にもなった口コミサイト。

ブラック企業を以下の条件を元に評価し、公開している。

①労働法やその他の法令に抵触し、またはその可能性があるグレーゾーンな条件での労働を、意図的・恣意的に従業員に強いている企業

②パワーハラスメントなどの暴力的強制を常套手段として従業員に強いる体質を持つ企業や法人(学校法人、社会福祉法人、官公庁や公営企業、医療機関なども含む)

まとめ

総務省統計局によると日本には平成28年6月現在で386万社あるということです。

この中から転職先を将来性があって社風もあう、働きやすい会社を探すのですから、なんらかの基準を持っていないととても選びきれませんね。

ここに掲載した情報を活用するには、会社選びの基準にもなる自分のキャリアプランをしっかりと考えておくことが大切です。

皆さんの転職活動が納得のいく仕事発見につながることを祈って止みません。

おまけ 〜ハラスメントやリストラの相談先〜

厚生労働省の労働相談窓口
厚生労働省「IT業界の働き方・休み方推進」
東京管理職ユニオン

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる