30代ITで転職はアリかナシか?いやアリ一択でしょ【未経験は?】

真面目に勤めてきたけど気がつけば30代。お客さんに評価されても給料は上がらず、大した出世もしない。しかも最近会社の業績が怪しいとの噂ばかりでこの先が不安。。。先輩社員もどんどん疲れ切って行くし、いっそのこと転職したほうがいいのかな?

IT業界と言っても仕事はたくさんの種類があるし、レベルもさまざま。会社だって超大企業からベンチャーまで数えたらいくつあるやら。。。

当然、恵まれた環境で働く人もいればそうでない人も多いはずです。

以前は「35歳転職限界説」が当たり前に通っていましたが、今はそんなことはありません。

それでも30代に求められるものは20代とは違います。

決して楽な道ではありません。

そんな30代で転職を悩み始めた方に失敗しないコツを解説します。
※参考:IT業界への転職と世代別オススメ職種【20代30代40代50代】

目次

IT系30代で転職はアリです

group of people using laptop computer

最初にも書きましたが、僕は50歳すぎてからも転職してますので30歳で転職アリかナシかと聞かれたら全然「アリ」です。

ただ、覚悟なしにチャレンジするくらいならやめたほうがいいパターンもあるので、場合を分けて解説します。

給与や昇進に不満

仕事ぶりも結果も評価されているのに給与が上がらないとか移動を希望しても実現しないのであれば、転職は良い選択です。結果が出ているの給与が上がらないことも異動が認めれないことも自力では変えようがないですよね。

ただその前に給与が上がらない理由や異動が認められない理由は確認すべきです。自分の思い込みだけで行動するのはキケン過ぎます。

確認することは次のとおりです。

  • 会社の平均給与はいくらか? 自分の給与はそれと比べてどうか?
  • 業界の平均給与はいくらか?会社の給与はそれと比べてどうか?
  • 欲しい給与をもらっているのはどこの誰でどんなポジションか?
  • 自分が移動したいポジションは何個あるのか?
  • そのポジションの交代のタイミングはいつか?何をきっかけにしているか?
  • 自分はそのポジションにつく条件を満たしているか?

例えば、IT企業で35歳の給与が600万でも、仕事内容は変わらないのに外資金融のIT部門の社員が1000万超えていることはザラです。35歳の平均給与が600万の会社にいるのに、自分は800万くらい欲しいというのはそもそも会社や業界選びが間違っています。

上の質問すべて答えられる人に僕はあったことないですね。意外とみんな「なんとなく」が不満になっていませんか?

自分の仕事や所属部署のことはよくわかっていても他部門や会社全体のこととなると意外と知らないことが多いものです。

会社や業界によって出せる給料出せない給料がありますし、上位のポジションには数に制限があります。転職して臨む条件を得るには業界ごと会社ごとの事情を理解して自分の経歴や実力でどこを狙えるかを考える必要があります。

同じように直近数年の給与の増加率、ベースアップ金額、それらの競合他社との比較、業界平均との比較、会社の新サービス、製品への開発投資額、上場企業であれば株価の動き、時価総額の推移、市場の評価など簡単に手に入る質の高い情報は沢山ありますので調べてみてください。

【くまたの裏情報】

会社の業績が気になるときは、下請けや仕入れ先などの急な変更や集約がないかを特に気を付けてください。
これが発生しているときは、倒産も視野に入れて転職活動をした方がいいかもしれません。

給与に関しては別の記事↓でも解説していますので、興味があれば読んでみてください。

会社の将来性について不安があるときは↓こちらの記事をどうぞ。

学歴で昇進や給与が差別されていていつまで経っても格差がある

これは日系企業で多いかもしれませんね。。。給与以上に厚い壁でしょうか。

定年退職するまで勤め上げる気もないし、頑張っても報われない壁が嫌ならさくっと転職もありと思います。この場合も是非事実確認はしてくださいね。

本当に学歴の問題か、社内で評価されている人はどんな人か、その人はなぜ給与も高く、チャンスももらえているのかについて冷静に評価します。これは転職の際に希望の会社や業界研究する際にも役立ちますよ。

僕の場合、過去の転職で学歴については応募条件を満たしたことがありません。でも普通に転職していますし、給与も毎回必ずアップしていますので、実務経験・実績ともに問題なければちゃんと転職はできます。

30代でのIT転職に不安あり。失敗しないコツは?

不安の原因は「わからない」からです。

なので、自分自身のことを含めてまずは情報収集しましょう。事実を知ることで、進むべき道、取るべき行動を決めることができます

こうした情報から、業界や会社の将来性、自分の強み(稼ぐ力)・弱み、転職したいポジションの市場価値と将来性、転職後の給料も査定などができます。

その上で職務経歴をアップデートし、まず転職エージェントに登録して面談してください。

業界ごとの求人状況やトレンド、実力経験に応じた想定給与などを教えてくれるはずですから、自分が調べた内容の答え合わせができます。

これをやらないと「自分で選び行動する力」がつきません。絶対転職エージェントに丸投げはNGです。

実力やスキルが足りないのであれば、あとはスキルアップする計画を立てて実行すればいいだけです。

30代未経験でITに転職することは可能?

はい、可能です。

ただ、20代とは全く難易度が違います。

30代の強みは「業界経験」

30代の場合は、自分の強みをどう活かすかが重要です。逆に言えば活かせるものがなければ転職は難しいということです。

そのためにも、先に解説したとおりキャリアの棚卸しが必要ですからまずそちらをやってみてくださいね。

例えば30代前半で転職を繰り返して一つの業界に3年以上止まったことがなければ評価は低いと思いますし、未経験の方がIT業界で活かせるものがあるとは評価されないと思います。

IT業界経験がなくても業務経験が豊富で、通常業務で必要なITスキル(エクセル、パワポ、ワード)や業界特有のシステムやアプリケーションのスキルがあるとかなり評価されると思います。

例えば、経理畑で10年つとめ、SAPの導入プロジェクトに経理部から参加したなどであればIT業界未経験でもコンサルタントやSAPサポート業務などは可能性がありますね。

また、IT化が遅れている業界・会社出身であればその価値はより大きくなる可能性があります。なぜならその会社のIT化に向けた課題を知っているからです。

それほどに未経験の方にとって「業界経験」は付加価値のある重要な要素=強みになります。

全くの未経験。でもIT業界にチャレンジしたい

この場合は、別記事でも解説したとおり、サポート系から入るのがおすすめです。

ただし、現在の給与が500万を超えていてる場合は英語力がゼロだと給与は下がる可能性がすごく高いと思います。

詳しくは未経験でIT系にチャレンジする方向けの記事を読んで欲しいのですが、簡単にいうとトレーニングが整備されているケースが多いからです。

ただ、新型コロナやデジタル化の影響でサポート業務のあり方が替わろうとしているので、将来性には十分注意して欲しい事とブラック企業に捕まらないように企業研究・調査をしっかりすることが注意点です。

30代のIT転職で給与はどの程度が期待できるのか知りたい

給与額は日系か外資か、英語ができるか、業務経験、会社の規模など複数の条件によって大きく変わります。

転職後の給与額に1番影響するのは「現在の年収」です。

通常希望者への条件提示の際、給与は現職の年収に対して何%アップもしくはダウンという形で決めることがほとんどです。応募の際に前年の源泉徴収票と直近3ヶ月の給与額(通常は給与明細のコピー)を求められるのはこのためです。

【くまたの裏情報】
希望年収とは言え、あまりふっかけるといいことはありません。

すでに書いたとおり、出せる金額と出せない金額がありますし、入社前でなんの結果も題していない候補者に過度な昇給の提案はできませんから。。。平均で15%程度だと思います。

給与については新型コロナの影響がどう出るか、今後の傾向をよくみておく必要があるでしょうね。転職エージェントや転職サイトにはそうした情報がたくさん公開されていますから是非参考にしてください。

ご参考までに企業が30代の応募者を落とす理由としてよく聞くのが以下です。
・ビジネスマナーができていない
・仕事や自社に転職することへの熱意が感じられない
・質問に対する回答がテンプレート的で、年齢に応じた経験や実績を感じさせる深めみがない
・自分の成功体験に固執する姿勢が強く出ていて変化への対応力が不安
・経歴や実績を考えると想定給与提示額に対して希望年収が高すぎる

もし、どうしても欲しい給与額があるなら、まずその金額がどういう職種のどういうポジションならもらえるのか、そのポジションに求められるスキルや経験は何かを調べてください。

例えば、企業の募集要項でスキルや経験は確認できますし、転職会議OpenWork(旧Vokers)などの口コミサイトでその企業のポジションごとの給与が大体わかります。

外資系エージェントのロバートウォルターズが毎年発表している「給与調査」も参考にしてください。

あとは転職エージェントにきく、知り合いにその仕事をしている人がいれば聞くといった方法もあります。

その際気を付けて欲しいのは、給与の内容は、基本給、賞与、福利厚生、手当てと色々あるので内訳はしっかり把握しておくことです。

年収が20 %アップしたと思ったら、基本給は下がって業績連動の賞与も業績不振で減額、結果年収も下がったなんて目も当てられませんから、現年収を基本給にすることを目標にするといいと思います。

30代IT転職のまとめ

IT業界はこれからが成長の本番です。

しかし、過去20年とは異なる成長をすると思います。働き方も働く場所の制約だけではなくて、必要とされる経験やスキルもどんどん変わっていきます。

そんな荒波に飲まれず乗るには、常に自分の立ち位置と市場の姿を事実と数字で確認するクセをつけて欲しいです。

この記事が皆様のお役に立てますように。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる