IT業界への転職と世代別オススメ職種【20代30代40代50代】

転職のタイミングは人それぞれですが、年代、経験、スキル、同業界内での転職か異業界への転職かなどの「自分の事情」と市場のニーズや経済状況などの「自分以外の状況」の組み合わせ次第で転職のむずかしさが大きく異なります。

このページは世代ごとの転職のコツをまとめた記事を集めています。

興味のある記事からご覧ください!

目次

20代の転職

20代の転職は新卒・第二新卒など、大学卒業後2年以内での転職か、3年以上と止めた上での転職か、いわゆるアラサーかで全く違ってきます。

新卒から2年以内であれば、社会人としての常識がようやく整ったレベルで、就職した業界の知識や経験が「強み」としてプラスになることはあまりないです。

嫌な言い方かもしれませんが、日本の集団就職システムの中では若いということ以外売るものがありません。

「付加価値がつきかけている途中」とも言えますが、そんな若者に甘い誘いをかけて安い給料で買い叩こうとしてくるブラック企業も多いので気をつけてください。

もし、自分の中にどうしてもやりたいことがあるなら、その「情熱」を行きたい会社に直接ぶつけた方がいい転職ができるとおもます。

【くまたの裏情報】
僕の知る限りでも例は少ないですが、ある外資系企業に常駐していたとき、しばらく取っていなかったという新卒を1名だけ採用したことがありました。

社員の方が楽しそうに話していたのですが、その新入社員はその会社が公募もしていない、直近で雇ってもいないことをちゃんと知っていたらしいのですが、どうしてもその会社に入りたくて人事に直接応募して、自分を雇うとこんなにメリットがありますというプレゼンテーションをしたとのこと。

当然公募していないので、人事には採用枠=予算がなかったのですが、人事部長が気に入って営業部とか開発部に声をかけたそうです。「面白いやついるけど、どう?」と。

もちろん、情熱だけでどうこうなるケースは少ないと思います。少なくとも人事を納得させるだけの資質をちゃんと表現できたことも大きいでしょう。

でも、何よりも「行動」したことがその新入社員に道が開けた一番の理由です。

30代の転職

以前は「35歳転職限界説」が都市伝説のように信じられていましたが、現在のIT業界で35歳で転職を諦める人はいないでしょう。

むしろ「売り時」の旬の年代だと僕は思います。

新卒から30代になるまで1社で働いているなら「業界経験」は相当豊富と思いますし、人によっては役職がついて、管理職経験も十分に積んでいるからです。

一方、大企業ではバブル世代社員や団塊ジュニア世代社員の高齢化によって管理職ポスト不足と継続的なベースアップによる人件費負担増が問題となっており、「年功序列から実力主義へ」のスローガンのもと「黒字リストラ」が流行しています。

これ以上同じ会社にいても昇給も昇進も望めないこと、会社の将来性に不安を覚えた30代が転職を選ぶと同時に、実力主義を掲げた企業が成長エンジンとして30代の優秀な人材へのヘッドハントを勧めています。

動く人が多い=需要が多い=ライバルも多いですから、転職戦略をしっかりと考えて、タイミングを図りつつ、チャンスが見えたら即動けるような準備が大切です。

特にご家族のライフイベント(結婚、出産、就学、etc)などが多い世代ですので、スキルアップに必要な時間やコストも見積もりつつ慎重かつ大胆に攻めて欲しいなぁと思います。

40代の転職

20代・30代と異なり、40代以降は雇う側の企業にとっての「投資価値」がカギになります。

投資である以上「リターン」がなくてはなりませんが、リターン額を決めるのは「勤続可能年数」x「仕事の付加価値」です。

40代以降の場合、20代・30代に比べて圧倒的に「勤続可能年数」が短いため、初期投資が少なくて済む経験者を「即戦力」として雇うという見方もできます。

40代・未経験で異業種にチャレンジする人は、企業にとってリスクの高い高額商品とも言えるんです。

【くまたの裏情報】
外資系と比べて日系企業にこの傾向が強い理由は、外資系の場合仕事の内容が雇用契約の中に細かく決められている「Job Description」があるからです。

これが専門性と流動性を担保する仕組みであり、雇う側にとっては投資効果を高くするメリットを、雇われる側には年齢を気にせず専門領域の経験のみで評価されるというメリットを生み出します。

つまり、40代の転職戦略としては、「経験を活用できる転職」を目指すのが大原則だと思います。

未経験・40代でプログラマーになりたいという選択は僕からすると極端に成功率の低い賭けに思います。ただし、定年後を見据えて、極端に高い年収を目指すわけではなく、手に職をつけたいということであればプログラマーとしての選択肢も見つかるかもしれません。

この辺の選択は人生の価値をどこに置くかにも関わってきますので、自分で決めるしかないのですが。。。

50代の転職を見据えた40代向けの転職戦略

50代の転職については僕は正解や成功パターンを知りません。

それくらい昇給を伴う転職は難しい年代です。

正直、50歳間近になってから考えては手遅れです。

僕自身は50歳を過ぎて転職して年収も上がる転職をしていますが、仕込みは40代でした。

その点を理解していただいた上で、コツを2つだけ紹介させてください。

自分独自の転職サービスを作る

情報収集手段として転職サービスは必要です。

転職もある意味情報戦ですし、案件数を考えると使わないという選択はないと思います。

その上で、自分独自の転職サービスを作る必要があります。

それは「信頼」と「実績」で作られた「人脈」です。

「なんだよ、所詮はコネかよ」という声も聞こえる気がしますが、多くの企業も社員の持つ人脈を効率的で成功率の高い人材確保手段として積極的に活用していますよ。

  • 退職した社員にアプローチ「アルムナイ採用」
  • 社員から知人・友人を紹介「リファラル採用」
  • SNSのコネクションを利用した「SNS採用」

知人・友人・かつての同僚を介しての転職になるので、内部情報もバッチリ手に入る上に直接交渉できるという通常の転職活動にない多大なメリットがあります。

特に最近活発なのは人事部がSNSを利用して他社の社員に直接声をかけるSNS採用ですね。

また、外資系は社員が知人・友人を紹介する「リファラル採用」にとても積極的です。

【くまたの裏情報】
「類とも」ではないですが、転職後の定着度や立ち上がり方、パフォーマスがいいからです。これは紹介する社員も変な人を紹介すると自分の仕事や評価に悪影響を与えかねないというブレーキがかかりますから、人選は慎重ですし、一緒に仕事をしたいと思う人を選べば自ずと実績のあるパフォーマンスの良い人を選ぶからです。

僕自身もリファラル採用ですし、前職で自分のチームに増員するときは必ず「人事に募集をかける前に」メンバーに紹介してもらえる人がいないかを確認するようにしていました。

理由は上に書いた通りですが、雇う側からリファラルを利用する際のコツをお伝えすると、できれば面接の前に紹介してくれた人にお願いして、内部の人と食事や飲みの席をアレンジしてもらうといいと思います。

これをすることでミスマッチが防げますし、うまくいけば自分の推薦してくれる人が一人増えますので。

一つ問題があるとすると、この独自転職ルートは過去の実績と信頼が前提ですので、アラフィフになったからとあわてて知人を頼ってもうまくいきません。

40代は実りを刈り取る季節でもありますが、次のステップに向けてタネをまくタイミングでもあります。

50代のみなさんはこの「人脈」を最大限に活用してください。

40代の皆さんは、是非日々実績と信頼を積み上げましょう!

ビジネスSNSの活用方法については別記事でまとめたいと思いますが、読んでくださる人いるかな。。。?

売上や利益に貢献する再現性のある実績をアピールする

仮に新卒でサラリーマンとして働き始めたとすると、50歳で28年の社会人経験があることになります。

四半世紀以上の経験があれば、何かしら自分なりの「うまくいくやり方」を持っていませんか?

もしそのやり方に「再現性がある=応用すれば同じように結果を出せる」と相手が理解できれば転職の成功はググッと近づくと思います。

僕がキャリアプランの棚下ろしをオススメするのは、「再現性のある貢献力」を見つける1番簡単な方法だからです。

これは面談でのコツになるのですが、僕は自分が応募する部門の弱みを調べ、自分の経験がその弱みをどう解消し業績に貢献できるかをアピールしました。

このやり方のポイントは最初に説明したコネが重要です。
(もしかすると優秀な転職エージェントであれば、このあたりも押さえているかもしれません)

コネを使ってその弱みがその会社にとって重要な要素かどうかを教えてもらい、自分の強みがその弱みを打ち消し業績に貢献できると納得してもらうにはどうしたらいいかについてロジックを組み立てました。

コネもないし、転職エージェントも頼れないとき、僕は決算資料、アニューアルレポート、業界紙、その会社に関する書籍や雑誌があれば読みあさって、情報を集めて研究して想定問答集を作って面談にのぞみました。

まとめ

この記事は世代ごとの転職のコツと関連記事をまとめたページです。

それぞれの世代向けに別記事がありますので、参考にしていただけたら嬉しいです。

参考記事などはなるべく1次情報を掲載するようにしていますので、こちらも是非参考にして転職活動に役立てていただけたらと思います。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる