【高学歴の基準とは?】転職に学歴はどう影響するの?

僕自身が大卒ではないのですが、振り返って学歴がないからチャンスもなかったかというとそんなことはありませんでした。

ただ、一流大学を卒業していれば随分とキャリアは変わっただろうとは思います。もちろん、高学歴が成功や幸せを保証してくれるものではありませんが。。。

国内・海外、新卒・中途採用で学歴の持つ意味は結構変わってきます。

この記事では、転職する場合を中心に学歴の影響をまとめてみましたので、参考にしてください。

もくじ

そもそも高学歴ってなんだ?

どの国どの社会にいても学歴は追いかけてきますよね。

特に最終学歴は就職の時には大きく影響しますし、転職の時にも職種やポジションによっては評価対象になる場合があります。

ここでは転職の場合に絞って「高学歴」とは何かを考えてみます。

大手企業では「大卒」が基準になる

転職を考え始めて求人をご覧になった方はわかると思いますが、ある程度大きな会社では最終学歴として「大卒」を求める会社がほとんどです。

技術系の場合は技術系の専門学校や高専卒から募集することもありますね。

これは仕事に必要な論理的思考力や資料作成力の基準を大学教育修了者が持っていると仮定しているからです。

つまり、企業が期待するレベルの実力・実績があれば学歴は副次的な評価でしかないということになります。これが最初の就職で求められる学歴と転職で求められる学歴の質的な差ですね。

気になる会社・職種があるなら、どんな会社がどんな求人を出しているのかを転職エージェントや転職サイトでチェックしてみましょう。

おすすめの転職サイト・エージェント

doda
 業界最大手。非公開求人に強い
 【公式】https://doda.jp/

JAC Recruitment 

 ハイクラス転職No1。管理職・外資系にも強い
 【公式】https://www.jac-recruitment.jp/
 
リクルートダイレクトスカウト

 転職後平均年収950万円以上の超ハイクラス
 【公式】https://directscout.recruit.co.jp/

マイナビIT AGENT

 関東エリアの20〜30代向けIT・Web系求人が豊富
 【公式】https://mynavi-agent.jp/it/

高学歴はマイナスにはならない

勘違いしないでほしい点は、高学歴は決してマイナスにはならないということ。

転職で希望するポジションや職種によっては必須の学歴もありますし、会社の社風によっては特定大学・特定学部卒が有利に働くことだってあります。

本命への応募の際にはこうした情報も集められるだけ集めることをお勧めします。

学歴は転職に影響するのか?

社会人で転職を複数回経験されている方は実感があると思いますが、学歴だけでキャリアを上げていくことは不可能です。

仕事はそんなに甘くありません。どんなに高学歴であったとしても、仕事で成果を出せないならただの飾りだからです。

学歴が影響する場合

高学歴はスタートダッシュになるし、学生時代からの人脈が有利に働く場合も当然ありますから決して無駄ではありません。

ただ、絶対的な要素でもないというのが正直なところ。

以下では影響する場合とあまり影響しない場合を解説していきます。

新卒は影響する。特に国内では

間違いなく影響するのが新卒での就職の時です。

入試の偏差値ではっきりと分けれられているのはあなたも知っている通りです。

国立であれば旧帝大、私立であれば早慶上智は間違いなく「高学歴」に分類される一流大学ですよね。

新卒一括採用を続ける大手企業では大学のランクで候補者を選別していますから、そうした企業に就職したいのであれば「高学歴」は必須になります。

あまり影響しない場合

一方、学歴よりも職歴・スキルに重点が置かれるのが転職です。

とはいえ、ほとんどの企業で大学卒を求めていますし、新卒採用と同じく一部の大手企業はある程度のランク以上の大学卒者を求めるかもしれません。

ただし、それ以上に求められるのは実力です。

特に実力主義で専門性を求める外資系の場合はこの傾向が顕著で、仕事に直結しない学歴はあまり評価されません。

くまた

僕が外資系大手企業を渡り歩くことができているのも、この専門性とそれを支える英語力があるおかげです。

とはいえ、外資系でも影響が全くないというわけではありません。

職歴やスキルレベルによっては、大卒かどうかで機械的に書類選考で足切りされるリスクは上がります。

また、社員紹介やアルムナイ制度を使う場合は学歴要件が緩くなったり外れる場合も多いので、学歴に不安があるけど知り合いが行きたい会社にいるという方は積極的にチャレンジしましょう。

社会人になってから学歴を作る価値はあるか?

社会人になってから学歴を作る価値があるかどうかは、時間とお金をかけて投資するだけのリターンがあるかどうかがポイントになります。

もしあなたが大卒ではなく30代前半までであれば、通信教育や夜間大学で大卒資格を得る意味があるかもしれません。

35歳以降で管理職、既婚で子供がいる場合は勉強の時間を捻出するのが相当難しいと思うんですよね。

家族との時間を削りすぎて結果不幸になっては元も子もありません。進みたいキャリアに必要なのか、お金と時間を投資する価値があるかどうかをドライに判断してください。

職種やポジションが特定の学歴を求める場合はある

ミエのためではなく、より良いキャリアを選ぶた目に必要な学歴を「高学歴」とするなら、市場での需要があり専門性の高い知識を身につけかれる大学院の修士レベルが最低限でしょう。

「院卒」は、研究職でもない限り日本国内で日系企業への就職には有利に働かないので、外資系トップ企業への就職希望の場合という但し書きはつきますが。。。

他にも経営層での転職であればMBAを持っていると専門的な訓練を受けていると評価されることはありますが、これも絶対ではありません。

あなたが経営に関わりたい、または経営者を支援するコンサルティング色につきたいという希望があり、そのための知的トレーニングを受けたいという気持ちがあるならチャレンジする価値はあるはずです。

実績が会社の求める内容であれば、学歴はさして問題にならない

僕のケースもこれに近いのですが、企業側が本当に欲しいスキルや経験を持っているなら学歴はあまり障害になりません。外資系の場合はこの傾向が顕著です。

要は、結果を出すために必要なスペックを満たしていればいいという考え方ですね。

逆に「高学歴」だったとしても、それが仕事の成果を出すためになんの関係もなければ学歴がプラスに働くことはないと思います。

ただし、マイナスに働くことはないのでその点は誤解ないように。

例えば、農学部出身者がITコンサルになれないかといえばそんなことはないんです。

現在はあらゆる仕事がIT技術を求めています。

特に農業は金融と並んでIT化が大きく進もうとしている分野ですので、農学部の知識は必ず役に立つでしょうし、評価も高いはずです。

学歴をキャリアに活かすなら、自分の持っている学歴と経験を掛け合わせるとどんなことに役に立つのかという視点を持つことも大切ですね。

チャンスを広げたいなら語学力は必須

日系・外資系問わずに僕が繰り返しお勧めしているのが語学力、特に英語です。

英語は全ての国でビジネスの基本だと思いますし、第二・第三外国語が有利な時代になっていると思います。大学はどこでも良いけど語学力は絶対に身につけるべきというのが僕の持論です。

参考までに、プラスアルファで身につけるなら中国語、スペイン語、ヒンディー語など言語人口の多いもの・人口ボーナスがコレから聞いてくる国の言葉であればビジネス価値がより高くなると思います。

興味があればオンラインのビジネス英会話を試してみてください。

例えば初月50%オフのキャンペーンをよくやっている「Bizmates」でタイミングを合わせて申し込むとお得です。

普通の英会話で肩慣らしならメンタリストDaiGoさんもおすすめのオンライン英会話の「AQUES(アクエス)」あたりがハズレないと思います。

英語は身につけるにも磨き直すにも数ヶ月から数年かかりますが、スキルアップにもキャリアアップにも最高の投資ですよ。

投資価値から考える学歴

年齢が40代を過ぎていて転職でキャリアアップするために学歴をあげたいと思うときは、投資価値=将来のリターンを考えて判断しましょう。

例えば、高卒・専門学校卒の方で十分なスキルと経歴があるなら、大学に入り直して大卒の資格を取ることは投資に対してリターンは少ないと思います。

4年間の学費と勉強時間を投資するだけのリターンが本当にあるのかを冷静かつ客観的に評価してほしいところです。

繰り返しになりますが、年収をあげたいなら英語力を身につけた方がよほど投資効果は高くなりますし、大学の勉強に費やす時間を仕事で結果を出すための勉強に使った方が遥かに短期間で結果が出るはずです。

ただし、そのさきのMBAとか博士号を取りたいとかという夢・目標がある場合はこの限りではありません。

絶対やってはいけない学歴詐称

僕の過去の同僚に一人だけ「学歴詐称」をしていた人物がいました。

その人も人事から追われ続けた挙句、結局卒業証明書が出せずにバレて消えていきました。

チャンスを掴みたい、見栄を張りたい、そうしたい気持ちが理解できないわけではありません。けれど、すごくばれやすいウソなので、絶対にやめましょう。

いい会社ほどその辺はきっちり追っかけてくるものですよ。

まとめ

ここまでの内容を簡単にまとめます。

・大手企業の求人では大卒が基準になっている

・転職では学歴よりも実力・実績が優先される。特に外資系でこの傾向が顕著

・転職のために学歴をあげたいと思うなら、投資に見合うリターンを考えてチャレンジしたい

・チャンスを広げたい・年収を上げるが目的なら、学歴を上げるより英語力を上げたほうが効率的な場合が多い

・社員紹介・アルムナイ制度を利用するときは学歴要件が緩くなる場合が多い

新卒で就職する時ほど影響しませんが、転職の際にもある程度学歴が影響します。

あなたが転職で手に入れたいものに学歴が必要なのか、他の手段で間に合うのか、時間とお金を投資する価値があるのかを冷静に判断して決めてください。

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

もくじ
閉じる