転職エージェント徹底活用!キャリアカウンセラー選びのポイントは?

・企業の経営層にあなたを誘ってくれたことのある知り合いがいますか?

・その他、転職に有利になる特別なコネ・人脈がありますか?

・どの企業も欲しがるような希少性や付加価値の高い経験やスキルを持っていますか?

上の質問の答えが全てNoであれば、転職エージェントを使うことがあなたにとっていちばん再現性が高くて内定率を上げる方法です。

転職エージェントの選び方のコツについては「求人がない?!間違いだらけの転職サイト・転職エージェント選び」をまず読んでみてください。

この記事では、転職成功率をさらにあげるためのキャリアカウンセラー・キャリアアドバイザーの選び方について解説します。

※この記事では「キャリアカウンセラー」で統一します。

\ 転職成功率を上げる非公開求人多数 /

目次

キャリアカウンセラーとは?

そして転職エージェントであなたにアドバイスしてくれるのがキャリアアドバイザー、キャリアコンサルタント、 キャリアカウンセラーと呼ばれる人たちです。

相手も人間ですから、当然あなたとの相性があります。

合わない時は我慢して担当を続けてもらうのではなくてはっきりと自分に合わないと伝えることも大切ですが、どんな基準でキャリアカウンセラーを選べば良いのでしょうか。いくつかのポイントを紹介します。

どんなメリットがあるのか= 転職エージェントを使う理由

キャリアカウンセラー選びのポイントの前に、転職エージェントを使うメリットをおさらいしておきます。

どんなメリットがあるかがわかっていれば、それを効率的・効果的に活用するためにどんなキャリアカウンセラーのスキルや経験が必要かがわかるからです。

転職エージェントをつかう代表的なメリットは次の通りです。

・ 客観的なアドバイスがもらえるから、書類選考と面接面接通過率が上がる

・ 非公開求人にアクセスできるので、応募候補が増える

・ 求人情報には書かれていない業界や会社の事情や企業の情報が手に入り、求人の背景や そのポジションに求められているスキルや人柄、経験値がわかるから自己PRに活かせる

・面接の特徴や気をつけるべきポイントがわかるので通過率が上がる。

・ 面接のフィードバックがもらえるので、失敗しても次に役立つ

・ 年収や処遇条件の交渉にアドバイスがもらえたり、代行してもらえる

・ 面接日程調整など、転職活動のスケジュール管理がやりやすい

キャリアカウンセラーの経験や能力によって、あなたが手にする情報の質や量が変わってしまうリスクがあることはわかっていただけたと思います。

何を基準に決めればいいのか

このメリットを元にキャリアカウンセラーが持つべき資質としては以下のようなものです。

・事務管理能力が高く、全てにおいてレスポンスが早くて正確

・コミュニケィション能力が高い

・企業側人事とのパイプが太く、信頼されている

・他の候補者の失敗例・成功例から適切なタイミングで適切なアドバイスができる


・目の前の求人案件も、あなたの中長期のキャリアプランからアドバイスできる

・業界動向や将来性、求められる人材像の変化に敏感

くまた

僕の場合は役員面接の際に担当する役員が誰かはその人の問題意識その人が好む人か、その人が求める人物像など事前に教えてもらえたことが助かりました。また内定後の処遇条件の交渉でも先方の予算感等をつかんでくれたのでとてもやりやすかったです。

選んではいけないキャリアカウンセラーはこんな人

逆にこんな人は選んではいけないというキャリアカウンセラーの特徴はなんでしょうか?

・副業としてヘッドハントや人材紹介業をやっていて、キャリアカウンセリングはおまけ

・一応所属は法人(会社)だけど、規模が小さく個人事業主の集合体

一見会社に所属しているキャリアカウンセラーでも、副業としてリクルーターを個人事業主として会社と契約してやっているような人は避けてください。

こうしたカウンセラーは、会社名をはっきり言ってこなかったりGmailなどのフリーメールのアドレスを使っていたりしますので、十分注意してください。

自分自身で押さえておくべき求人情報は?

企業は「こういうポジションで働いたことのある人」「こういうポジションで働きたい人」を募集します。

まずポジションありきで、そのポジションに必要な経験やスキルを条件としてあげていくので、同じ職種でも会社によってまたは部門責任者の考え方によって求められるスキルや経験が微妙に変わることはよくあります。

気になった会社の気になるポジションは定点観測しておくと、頻繁に募集していたり、微妙に求人内容が変わったり会社側の事情を想定する材料になるので是非チェックしてください。

常に募集をかけているような場合は成長を続けていて拡大局面にあるとかブラックすぎてすぐ辞めてしまうケース、メンバーからリーダー、マネージャーまで募集しているような場合は新しい部門を作るんだなと想像できます。

こうした情報をもとに、どの会社のどのポジションに応募するかを絞り込んでください。

くまた

キャリアカウンセラーも企業ごとの事情を正確に把握して、求人の背後にあるニーズや言葉になっていない条件を理解してあなたに説明・アドバイスできる力が大切ということですね。

転職で最初の関門は書類選考ではなくて転職エージェントに求人を紹介してもらえるかどうか

忘れがちですが、あなたは選ぶ側でもあると同時に選ばれる側でもあります。

転職は、転職エージェントから求人が紹介されるかどうかが1次予選。

書類選考が実は2次予選になります。

上から目線でキャリア相談を受けても、いい求人は紹介してもらえません。

転職エージェントや転職サイトに登録する時点で書類選考・面接が始まっていることを忘れずに覚えておいてくださいね。

まとめ

ここまでの内容をまとめます。

・転職エージェントのメリットを理解することが、良いキャリアカウンセラーを選ぶコツ

・中長期であなたのキャリアを考えてくれる

・業界の動向や仕事の将来性を理解している

・コミュニケィション力が高く、企業側担当者に信頼されている

・小規模の転職エージェントや個人事業主には注意

・キャリアカウンセラーこそがカウンセラーこそが1次面接担当官

どんな仕事にも言えますが、あなた自身に相手を敬う謙虚な姿勢が無ければどんなに素晴らしいキャリアカウンセラーに出会ったとしても、転職は失敗します。

相手がどんな態度で来ようとも、冷静にメリットとデメリットを評価できる冷静な目を持つことを忘れないでいただければと思います。

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる