転職直後の年収は下がったり上がったりするからブレに注意!

転職で一番期待することの一つは給与が増えることだと思いますが、転職のタイミングや給与次第で結果的に年収額が下がってしまうことがあります。

想定年収が最初から満額入るわけではないのです。

1. 基本給と賞与の割合

まず考えておくべきことは、給与と賞与の割合です。

年収が増えたとしても、賞与分の増が大きく、基本給が下がってしまうことも十分あります。

すでに説明の通り、最初の半年は賞与支給額が下がることもありますから、その上基本給が少ないとなると家計への影響は少なくありません。

キャリアチェンジのときは、基本給が下がることも十二分にありえますから、転職後2年程度の家計の収支を試算して、不足が予想される場合は事前にどの程度貯蓄をして備えておけば良いのかを計算しておきましょう。

2. 賞与によるブレ

一番影響が大きなものが賞与(ボーナス)支給のタイミングの違いです。

一般的な日系企業は、会計年度が4月始まりで賞与は6月/7月と12月/1月になっているかと思います。

例えば、3月末に転職し、4月1日から勤務開始であれば、最初の賞与は6月/7月に3ヶ月分が支給され、満額のボーナスは12月/1月になります。

これだけで単純に25%賞与支給額が下がる計算です。

これは転職前後で会計年度が一緒の場合ですが、日系から外資系またはその逆になるとこのブレが大きくなる可能性があります。

特に外資系の場合、賞与が年一回だったり、そもそも賞与が12分割されて月給に含まれており、業績次第で年一回追加の支給があったり、4半期に一回の支給だったりと色々なパターンがありますので、支給のタイミングと想定支給額を確認し、試算して、想定額が入らな買った場合の対策を考えておきましょう。

3. 税金の壁、増税、住民税、年金

次に試算しておくべき点は、税金です。

国税局が税金の情報を広く公開している「タックスアンサー」に所得税率の一覧「所得税の速算表」があります。
【参考】タックスアンサー:No.2260 所得税の税率

これを見ていただければ一目瞭然ですが、900万円以下と以上で大きな壁があり、10%も違います。

ざっくり課税年収899万円であれば課税額は1,431,700円ですが、900万円になると2,334,000円となり、902,300円も増えることになります。

例えば、850万の年収が910万になると税金が不得手手取りが転職前より少なくなってしまいます。

また、転居を伴うのであれば住民税の変化も把握しておかないと更に困ったことになりかねませんので、事前に比較表を作っておくことをオススメします。

4. 転職前後のお金の流れをシミュレーションしておこう!

他に考えておくべき金銭面での変動要素は、退職金、ローン、クレジットカード、家族のイベント等があるでしょう。

退職金

退職金も注意が必要な要素の一つです。

私の知人が、あとひと月で勤続10年というところで退職し、退職金が100万くらい違ってしまって悔しい思いをした方もいました。

会社の福利厚生制度の詳しい内容は知っているようで把握していないことが多いものです。

転職を考え始めたら、就業規則と一緒に福利厚生の仕組みもしっかりと調べて、損をしないように準備しましょう。

ローン、クレジットカード

ローンやクレジットカードも転職によって審査が通りにくくなります。

特に一部上場企業からベンチャーや成長期の外資系企業へ転職する場合は、会社の持つ与信力がことなります。

以前であれば通った審査が通らなくなったり、与信額が下げられたり、金利が上がったりしますので注意しましょう。

もちろん、逆に一部上場企業への転職であれば、こうした要素は改善されることもあります。

こうした点からも企業選びが人生に当たる影響の大きさを理解していただけるのではないでしょうか。

家族のイベント

意外と見落としな要素が家族に関するイベントです。

旅行や入学、卒業、結婚などの祝い事だけではなく、葬儀などの弔事、法事など人生には何かとお金がかかります。

転職直後の資金調達は難しくなることもありますから、余裕資金には追加の余裕を持てるように準備できると安心ですね。

5. やっぱり備えあれば憂いなし!

転職初年度は想定した昇給分は期待できません。

こうした転職前後のお金の動きを細かく把握することで期待と想定のギャップを知り、リスクへの対策を立て、転職のメリットが大きく損なわれてしまうリスクを把握しましょう。

転職で給料が上がるからちょっと贅沢を、なんて紐を緩めた後に青ざめないように重ねて資金繰りの試算をしておいてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
人気ブログランキングに参加しています!

人気ブログランキングに参加中です。
他のブログにもお役立ち情報がたくさんあります!


転職・キャリアランキング

フォローする