人事・採用担当の気持ちを知り転職を成功させる4つの方法

転職で候補者を選ぶ時、採用側が評価する点は大きく分けてその人物面と業務執行力の2つがあります。

前者は人事が中心となって、後者は配属されるであろう部門の要望に沿って判断されます。

 

つまり、それらの人々の気持ちや要望を理解することが、履歴書、職務経歴書、自己PRなどを作成する基本であり、面接対策の要点となります。

 

では、その「気持ち」をどうやって知ることができるのでしょうか?

 

一つ目は、転職支援サービスが提供する人事・採用担当者向けのアンケート結果です。

マイナビが提供する 「転職ノウハウ」の中にある採用担当者のアンケートなどが典型的なものでしょう。

 

二つ目は、転職支援サービスが持っている情報です。エージェントやキャリアカウンセラーは、企業の人事担当者から直接要望を聞く立場にいますので、情報の鮮度と精度は他の追随を許しません。

「比べて選ぼう!転職支援サービス」でもいくつか紹介していますので、参考にしてください。

 

三つ目は、今勤めている会社の内部情報です。

どこまでアクセスできるかは人それぞれだと思いますが、自社が人を採用するときの基準については、社内にいるからこそ調べられることも多いと思います。

 

四つ目は、各業界の専門紙や官公庁が発行する白書に掲載されている、人財確保・育成に関する情報です。いまどういう世代が中心で、どんな能力を持っているのか、業界の技術トレンドや市場の変化が人財に求める能力がどうかわるのか、などを統計から説明しています。

こうした情報は、キャリアプランの策定だけではなく、自己PRの作成などに大いに役立つでしょう。

 

以上のように、ちょっと行動範囲を広げるだけで、簡単に手に入る情報はたくさんあります。

手間を厭わず、情報収集に時間を割いて転職の確率を上げる努力が大切ではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
人気ブログランキングに参加しています!

人気ブログランキングに参加中です。
他のブログにもお役立ち情報がたくさんあります!


転職・キャリアランキング

フォローする