迷ったときは立ち止まり、危険を感じたら即撤退

猪突猛進といいますが、計画も見積もりもなく思いつきだけで物事をすすめると、何らかの結果は出るでしょうが、大抵は悪い方に、良くてもやってもやらなくても変わらなかったくらいの成果しか得られない事が多かった気がします。

それが人生を左右するようなイベントの場合、大して変わらない結果だったとしても、その先の将来に後々大きく影響することも十分あり得ます。

それはその選択によって「道」が変ってしまうからです。

右か左か迷ったときは、その選択肢に「進まない」という選択をして、一度ひたところから今自分が置かれている状況を客観的に眺めてみていただければと思います。

もしあえて進んだ場合も、「やばい!」と思ったら、戻れる場合はメンツなどを気にせずに速攻引く勇気も必要です。

その先は急はヘアピンカーブかもしれません。崖かもしれません。行き止まりかもしれません。

人間、本当の危険が迫ったときは「カン」が働くと思いますので、そのカンには素直に従ったほうがいいかなと。

守るものがある方、守るべき人がいる方は特にこの点を忘れずにいていただければ幸いです。。。