面接準備から本番終了までの流れをまとめ

希望する会社の財務諸表など事前に調べること、キャリアの棚卸しなどの考えることを書き出してきましたが、それらを内定という結果ににつなげることが何よりも大事なことになります。そしてそれらはすべて「面接」という舞台でどれだけ引き出せるかにかかっています。

面接準備をする前に、最終チェックを誰に依頼するかは考えておきましょう。おすすめは家族と転職エージェントです。家族に依頼する場合は、チェックしてほしい点を予め伝えておき、転職エージェントに対しては、面談後にチェックしたいポイントについて想定通り似できていたかを質問するといいでしょう。

ここから面接準備、面接予行演習、面接本番の3つに分けてまとめてみたいと思います。

まずは面接の準備から。

1. 面接とはなんぞや?

一つ考えてみていただきたいことがあります。そもそも面接とはなんぞや?ということです。

言葉そのものの意味としては、「能力や人柄などを調べるため、直接その人にあうこと」です。
これは募集企業にとっては面接を行う目的になります。能力と人柄を確認して、会社にとってその人を雇い、投資する価値を確認するためです。

では、面接でなにを知ろうとしているのでしょうか。

思いつくだけでも以下の通りとてもたくさんのポイントがあります。

・質問の意図を汲み取る力
・回答を組み立てる論理力
・回答に含まれる経験に基づく洞察
・回答は具体的で現実的か
・一方的ではなく会話のキャッチボールができるか
・また少々意地悪な質問に対しても落ち着いて相手を批判することなく提案ができるか
・プレッシャーのかかる状況で、どのような反応をするか
・自分の夢ばかりではなく、会社の将来にどう自分が貢献するのかが考えられているか
・回答に意思や意図、熱意を感じられるか
・応募職種にふさわしい知識・経験を持っているか

こうした観点について、今まで見直してきたキャリアや転職の目的がしっかりと確認できていれば恐れることはまったくないと思います。

そもそも100%の準備などありえません。

できることをすべてやりきったら、あとは運に委ねるくらいの気持ちで、リラックスして面接に望んでください!

2. マナーは大丈夫?

面接のおおまかな流れを順を追って見てみましょう。

まず、応募先の会社についたら受付しますよね。

自分の氏名と訪問先の氏名、部署名、時間と面会の約束がある旨伝えます。

中途採用の場合は、1次面接であれば通常担当の方が部屋まで案内してくださるか、人事の方が迎えに来てくださるはずです。

部屋で待っていると、面接担当の方がいらっしゃって、ご挨拶。

名刺交換、そして面接開始。

また、別のパターンでは、レストランなどで食事をしながら採用担当と会うような場合も多々あります。

面接が終わると担当の方が受付、もしくはエレベーターホールなど会社の外まで案内しくれるでしょう。

ここで再度ご挨拶。

そして自宅に帰って、御礼のメールを送ることが通常です。

「挨拶」と一言で書きましたが、相手も複数、内容も名刺交換、そして御礼のメールも含めてマナーを問われるタイミングがたくさんあることがわかってもらえたかと思います。

3. 話し方

挨拶だけではなく、言葉の端々にでるのが「癖」です。

癖であるがゆえに直すには時間のかかることなので、転職を決めたらすぐに試してほしいことの一つです。

馴れ馴れしい言葉遣いや態度も気をつけないと礼を欠きます。

これは日頃の癖が本当に一瞬で出てしまいますので、面接前に注意しようとしても本番でぼろが出るのが関の山です。
自信がない人は特に意識していまから使い分けの練習をしましょう。

また、話すときは必ず相手の目を見る、相手が話しているときは相槌を打ち、話し終わるまで口を決して挟まないなど、コミュニケーションの基本も合わせて見直すといいと思います。

とはいっても、いつも誰かにチェックしてもらう訳にはいきませんから、家族や転職エージェントに自分の話し方の特徴を聞いておいて、チェックリストにして持ち歩き、仕事やプライベートで他社の方や目上の方に初めて会う際には事前にチェックリストを確認し、終わったあとにチェックリストを見直してうまくできたかを確認するといい練習になると思います。

4. 姿勢

印象を左右するものに「姿勢」があります。

背の高い人でもちょっと猫背になっているだけで随分みすぼらしく、覇気がなく見えてしまいます。

両肩を斜め後ろ下に引っ張るような意識で胸を張ると、姿勢がスッときれいに伸びますので試してみてください。

この時、ただ漫然とあるきだすとすぐに姿勢は戻っていまいますので、視線を遠くに(100m先くらい)を見る意識を持つといいと思います。

また、座るときには椅子に深くかけずに前1/33くらいのところに座って、かかとをお尻のましたくらいに引くと背中が伸びてきれいな姿勢になります。

姿勢がいいと声にも張りが出て若々しくなりますので、印象もぐっと上がるでしょう。

5. 服装

服は原則スーツですね。

日本の場合は、たとえ転職先が外資であったとしても、初めての訪問、初めて会う方であれば白無地のシャツ(ボタンダウンはNG)に紺のスーツ、靴は黒のプレーントゥかストレートチップ、靴下はスーツに合わせて紺で、柄は控えめのものです。

そして言い古されていますが、なんといっても清潔感。これはもう外せない要素です。

でも、服装の清潔感ってなんでしょうか。

考えるに、以下の要素が清潔感を損なうものだと思います。

・スーツ、シャツ、ネクタイのシワ、シミ、ボタンの緩み

・パンツに折り目がない

・タバコや汗の匂い

・強すぎる香水、整髪料の匂い

・襟元のフケ

・サイズが合っていない。袖丈が長すぎる、短すぎる、特に肩が落ちていたり、パンパンでショルダーラインが崩れてしまっている。

・キャラクターもののネクタイ

・ポケットにいろいろなものが入っていて膨らんでいる

・ハンカチがプレスされていない

・爪が伸び放題、あるいは特定の指だけ伸びている

・髪が寝起きのようにボサボサ

・眉も伸び放題

・髭の剃り残し

魅力的な人と快適な人

私が好きなメールマガジンの一つに、ソフトブレーン株式会社の宋 文州さんのメルマガがあります。

今回のお題は「魅力と快適」という、人の性格、振る舞いが人生に与える影響に関するものでした。(詳しくはぜひ上記のメルマガをご覧ください。)

概要としては人のタイプを2つに分けた時、魅力的だけれどもたまに不快な思いをさせられてしまう人と特に印象には残らないけれども相手に不快な思いをさせることがない人がいる。

人はうれしさの3倍悔しさを感じるので、この二人から生涯の伴侶を選ぶのであれば不快な思いをさせられてしまわない人を選ぶというものです。

これはすごく納得感がありました。

2−3年同じ会社に勤めると、多くの人が会社を去りまたやってきます。

その中で気がつくと順調にポジションを上げていたり、退職したと思ったら
とても素晴らしいポジションのオファーを貰っていたりする人がたまにいます

こうした人はほぼ例外なくこの「不快な思いをさせない人」なのです。

ともすれば日和見とか風見鶏とか呼ばれてしまいそうですが、そういうネガティブな評価を受けることがない人は何かの選択をするときにどういう基準で判断するのでしょうか。

そんなことをしみじみと考える機会をいただきました。

6. 持ち物

小物は意外と強い印象を与えます。

名刺入れもシンプルな紺や黒のものを用意し、人前に出ることの多い営業職であれば、ノートや手帳はむき出しではなくカバーをかけ、筆記具もしっかりしたものを選んでおくと印象が良い方へ変わると思います。筆記具もノートも持たずに面接に望むのは絶対避けましょう。

ブランドものの時計や万年筆は年齢やポジションによってはマイナスの印象に変わることもありますので、気を配っておきたいところです。

バッグは履歴書などをおらずにしまえるA4サイズでシンプルなブリーフケースがおすすめです。

最近はシックでビジネスにも使えるトートバッグやリュックも増えていますが、あまりラフな印象を与えないように姿見などで予め確認しておきましょう。

7.Skyepe面接の準備

外資、国内企業を問わず、業務で海外とのやり取りが増えた方も多いと思います。

もしくは、転職先にそういった可能性のある職場を求めてもいるでしょう。そうした場合、すでにSkypeなどのビデオチャットツールをコミュニケーションの手段に使ってはいないでしょうか。

外資で面接担当が海外にいる場合、ビデオチャットツールで面接なんてことも十分にあります。私は6回ほど面接受けましたが、この内4回はSkypeでの面接でした。

こういった状況が想定される場合は、早めに準備をして何度か試しておくことをおすすめします。

本番ぶっつけでうまく接続できずに面接終了なんてことになったら、面接日時に遅刻することと同様、悔やんでも悔やみきれない大失態ですから。。。

8. 面接問答集

面接準備の最後は問答集です。これらは今までの準備をしていれば問題なく応えられることばかりだと思います。

ただ、一度書き出しておくと記憶に定着しやすいですので、手帳にでも箇条書きしておくとちょっとしたスキマ時間で振り返ることができますのでおすすめです。

9. 面接前夜

面接前日には、準備万端であとは本番に望むだけかと思いますが、予行演習で気がついたことを見直し、面接の時間、場所、交通手段、交通時間、筆記用具、名刺など持参物、靴の汚れがないかを確認します。

特に面接時間は、確認を取ったメールの履歴などがあればもう一度チェックし、交通手段については、そのルートが使えなくなった場合の予備ルート、タクシーなどの手段しかない場合のお金を準備しているか、お財布を確認します。

現地への到着は、30分前を目安にしましょう。早すぎても困ることは何もありません。

また、近所にカフェなど時間を潰せるところがないかも確認しておくと30分以上早く着いた場合や面接終了後すぐに内容をメモしたいときなどに便利です。

面接日が週明け月曜日や春夏冬休み明けは交通も乱れやすいので特に注意した方がいいと思います。

あと、どんなに準備しても当日寝坊してしまうと元も子もありませんから、予定は必ず2〜3日前には転職エージェントに確認し、いつもより早めに休み、いつもより早めに目覚ましをかけておきます。

10. 朝出かける前に

準備が整ったら、交通機関の情報をチェックして、使う予定のルートに問題がないかを確認します。

これ、ほんとに大事です!

持ち物と身だしなみのチェックをして、いざ出発です。

11. 面接の流れ

① 受付

受付には5分前に向かいます。氏名、来社の目的、時間、宛先を伝えて指示に従って移動もしくは待ちましょう。このときも、相手の目を見てしっかりと伝えます。

この受付で大事なことは、受付周辺に何かメッセージやオブジェなど来場者の気を惹くものや展示物がないか確認しておきましょう。

場合によって面接中の話題にできるかもしれません。その会社に関する関係の深いものを展示するのが普通ですから、いい話題づくりになりますのでおすすめです。

② 入室

中途採用の場合、1次面接から個別面談ですし、複数順番を待ってということはあまりありません。

受付を終えると通常は面接を行う会議室まで案内される場合がほとんどかと思います。

部屋に案内されたら、筆記用具と名刺を取り出し、机に並べます。カバンは机の横に置くか、背後の壁に立てかけます。消して隣の椅子や机に横たえることのないように気をつけましょう。

私の場合ですが、面接担当の方がいらっしゃるまで椅子には座らず、立って待っていました。

面接担当が来たら、挨拶を済ませて名刺交換をします。

さて、いよいよ本番です!

③ 現在の仕事内容

最初は面接担当の方から、どういう順番で面接を進めるかの説明があると思います。最初は現在の仕事内容についての説明を求められるでしょう。

まず面接の機会を頂いたことに対してお礼の気持ちを伝えたあとで、説明を始めます。

現在の仕事内容は転職理由、志望動機に繋がる部分でもありますから、「キャリアの棚卸しをする」で事前に検討しておいた内容を噛み砕いて具体的にどんな課題をどうやって克服し、会社に貢献したのかを伝えるのがコツです。

④ 転職理由

「転職理由を考える」でまとめたことを簡潔かつ自己アピールを盛り込みながら説明します。言い訳にならないように、理由の背景にあるネガティブな状況については、それを変えるために自分がどう行動したかを付け加えるといいでしょう。

「不満」を中心に理由を組み立ててしまうと、転職先でも同じ状況になったらすぐ転職してしまうのでは?と悪い心証を与えかねませんから気をつけます。

⑤ 志望動機

志望動機、ここが本丸です。なぜその会社なのか、なぜ自分が貢献できると考えたのか、どう貢献するのかを中心に組み立てましょう。キャリアアップや就業中の会社の処遇に対する不満など自分にとっての理由が中心にならないよう気をつけます。

⑥ 質疑応答

一通り説明を終えると、次は質問に移ります。面接の予行演習でも触れましたが、面接担当の方の質問がよくわからないことがれば、遠慮なく質問しましょう。質問の意図を理解せずに回答すると、回答内容が薄くなったり、ズレてしまったりするだけではなく、面接側からするとなぜわからないことを聞いたうえで回答しないのか?とあなたの能力に対して疑問を持たれてしまいます。

⑦ 就業条件(給与など)の確認

質問されたらしっかりと自分の希望を伝えましょう。この時注意することは、具体的な金額よりも20%のように現在の給与に対する割合で伝えることを好む傾向があります。またそのときは、額面(基本給+賞与+残業代)に対しての比率を伝えるようにします。

交渉のコツとしてもしあなたが現在の会社でちょうど昇格のタイミングにいるのであればそれを伝えると昇給の可能性が高くなるでしょう。

注意すべきは、競合他社との比較や持ってる資格を交渉の材料としたり、最小の質問を給与交渉にしたりすると非常に印象が悪くなるので避けてましょう。

ただ、何と言っても大切なことは、「キャリアの棚卸し」で考えた実績や根拠・理由をもとに、財務諸表などの企業研究で学んだその会社の課題を踏まえて、あなたがどうその会社に貢献できるのかを説明できない限り意味がありません。

入社日についても確認します。

転職先企業の都合も考えて、業務の引き継ぎ上の制約もありますから、今の会社をいつ退職し、有休が残っている場合は全部消化するのか、転職先企業の予定に合わせて一部とするのかなど、相談する必要があります。

⑧ 退室

面接が終わり、お礼を伝えたあと、焦らず持ち物を鞄にしまいましょう。メモ帳や雨の日の傘など、ここで忘れ物をしないことは大切です。うっかりが意外と印象に残りますし、ノートやメモをうっかり忘れると当然中身を確認されますから、知られたくないことを知られて面接が台無しになってしまう可能性もゼロではありません。

社外に出たとしても油断禁物です!

社外に出るまではどこで誰に見られているかわかりません。

そして社外に出てからも最寄り駅を離れるまでは気をつけましょう。

オフィスビルを出た途端に気が緩んでつい一服、吸い殻を投げ捨てたところを見咎められては台無しですよー!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
人気ブログランキングに参加しています!

人気ブログランキングに参加中です。
他のブログにもお役立ち情報がたくさんあります!


転職・キャリアランキング

フォローする