転職の面接準備7つの心得

希望する会社の在位無書評など事前に調べること、キャリアの棚卸しなどの考えることを書き出してきましたが、それらを内定という結果ににつなげることが何よりも大事なことになります。そしてそれらはすべて「面接」という舞台でどれだけ引き出せるかにかかっています。

面接準備をする前に、最終チェックを誰に依頼するかは考えておきましょう。おすすめは家族と転職エージェントです。家族に依頼する場合は、チェックしてほしい点を予め伝えておき、転職エージェントに対しては、面談後にチェックしたいポイントについて想定通り似できていたかを質問するといいでしょう。

ここから面接準備、面接予行演習、面接本番の3つに分けてまとめてみたいと思います。

まずは面接の準備から。

1. 面接とはなんぞや?

一つ考えてみていただきたいことがあります。そもそも面接とはなんぞや?ということです。

言葉そのものの意味としては、「能力や人柄などを調べるため、直接その人にあうこと」です。
これは募集企業にとっては面接を行う目的になります。能力と人柄を確認して、会社にとってその人を雇い、投資する価値を確認するためです。

では、面接でなにを知ろうとしているのでしょうか。
思いつくだけでも以下の通りとてもたくさんのポイントがあります。

・質問の意図を汲み取る力
・回答を組み立てる論理力
・回答に含まれる経験に基づく洞察
・回答は具体的で現実的か
・一方的ではなく会話のキャッチボールができるか
・また少々意地悪な質問に対しても落ち着いて相手を批判することなく提案ができるか
・プレッシャーのかかる状況で、どのような反応をするか
・自分の夢ばかりではなく、会社の将来にどう自分が貢献するのかが考えられているか
・回答に意思や意図、熱意を感じられるか
・応募職種にふさわしい知識・経験を持っているか

こうした観点について、今まで見直してきたキャリアや転職の目的がしっかりと確認できていれば恐れることはまったくないと思います。
そもそも100%の準備などありえません。
できることをすべてやりきったら、あとは運に委ねるくらいの気持ちで、リラックスして面接に望んでください!

2. マナーは大丈夫?

面接のおおまかな流れを順を追って見てみましょう。

まず、応募先の会社についたら受付しますよね。

自分の氏名と訪問先の氏名、部署名、時間と面会の約束がある旨伝えます。

中途採用の場合は、1次面接であれば通常担当の方が部屋まで案内してくださるか、人事の方が迎えに来てくださるはずです。

部屋で待っていると、面接担当の方がいらっしゃって、ご挨拶。

名刺交換、そして面接開始。

また、別のパターンでは、レストランなどで食事をしながら採用担当と会うような場合も多々あります。

面接が終わると担当の方が受付、もしくはエレベーターホールなど会社の外まで案内しくれるでしょう。

ここで再度ご挨拶。

そして自宅に帰って、御礼のメールを送ることが通常です。

「挨拶」と一言で書きましたが、相手も複数、内容も名刺交換、そして御礼のメールも含めてマナーを問われるタイミングがたくさんあることがわかってもらえたかと思います。

3. 話し方

挨拶だけではなく、言葉の端々にでるのが「癖」です。
癖であるがゆえに直すには時間のかかることなので、転職を決めたらすぐに試してほしいことの一つです。

馴れ馴れしい言葉遣いや態度も気をつけないと礼を欠きます。

これは日頃の癖が本当に一瞬で出てしまいますので、面接前に注意しようとしても本番でぼろが出るのが関の山です。
自信がない人は特に意識していまから使い分けの練習をしましょう。

また、話すときは必ず相手の目を見る、相手が話しているときは相槌を打ち、話し終わるまで口を決して挟まないなど、コミュニケーションの基本も合わせて見直すといいと思います。

とはいっても、いつも誰かにチェックしてもらう訳にはいきませんから、家族やエージェントに自分の話し方の特徴を聞いておいて、チェックリストにして持ち歩き、仕事やプライベートで他社の方や目上の方に初めて会う際には事前にチェックリストを確認し、終わったあとにチェックリストを見直してうまくできたかを確認するといい練習になると思います。

4. 姿勢

印象を左右するものに「姿勢」があります。

背の高い人でもちょっと猫背になっているだけで随分みすぼらしく、覇気がなく見えてしまいます。
両肩を斜め後ろ下に引っ張るような意識で胸を張ると、姿勢がスッときれいに伸びますので試してみてください。

この時、ただ漫然とあるきだすとすぐに姿勢は戻っていまいますので、視線を遠くに(100m先くらい)を見る意識を持つといいと思います。

また、座るときには椅子に深くかけずに前1/33くらいのところに座って、かかとをお尻のましたくらいに引くと背中が伸びてきれいな姿勢になります。

姿勢がいいと声にも張りが出て若々しくなりますので、印象もぐっと上がるでしょう。

5. 服装

服は原則スーツですね。

日本の場合は、たとえ転職先が外資であったとしても、初めての訪問、初めて会う方であれば白無地のシャツ(ボタンダウンはNG)に紺のスーツ、靴は黒のプレーントゥかストレートチップ、靴下はスーツに合わせて紺で、柄は控えめのものです。

そして言い古されていますが、なんといっても清潔感。これはもう外せない要素です。

でも、服装の清潔感ってなんでしょうか。

考えるに、以下の要素が清潔感を損なうものだと思います。

・スーツ、シャツ、ネクタイのシワ、シミ、ボタンの緩み

・パンツに折り目がない

・タバコや汗の匂い

・強すぎる香水、整髪料の匂い

・襟元のフケ

・サイズが合っていない。袖丈が長すぎる、短すぎる、特に肩が落ちていたり、パンパンでショルダーラインが崩れてしまっている。

・キャラクターもののネクタイ

・ポケットにいろいろなものが入っていて膨らんでいる

・ハンカチがプレスされていない

・爪が伸び放題、あるいは特定の指だけ伸びている

・髪が寝起きのようにボサボサ

・眉も伸び放題

・髭の剃り残し

6. 持ち物

小物は意外と強い印象を与えます。

名刺入れもシンプルな紺や黒のものを用意し、人前に出ることの多い営業職であれば、ノートや手帳はむき出しではなくカバーをかけ、筆記具もしっかりしたものを選んでおくと印象が良い方へ変わると思います。筆記具もノートも持たずに面接に望むのは絶対避けましょう。

ブランドものの時計や万年筆は年齢やポジションによってはマイナスの印象に変わることもありますので、気を配っておきたいところです。

バッグは履歴書などをおらずにしまえるA4サイズでシンプルなブリーフケースがおすすめです。
最近はシックでビジネスにも使えるトートバッグやリュックも増えていますが、あまりラフな印象を与えないように姿見などで予め確認しておきましょう。

7.Skyepe面接の準備

外資、国内企業を問わず、業務で海外とのやり取りが増えた方も多いと思います。もしくは、転職先にそういった可能性のある職場を求めてもいるでしょう。そうした場合、すでにSkypeなどのビデオチャットツールをコミュニケーションの手段に使ってはいないでしょうか。
外資で面接担当が海外にいる場合、ビデオチャットツールで面接なんてことも十分にあります。私は6回ほど面接受けましたが、この内4回はSkypeでの面接でした。

こういった状況が想定される場合は、早めに準備をして何度か試しておくことをおすすめします。

本番ぶっつけでうまく接続できずに面接終了なんてことになったら、面接日時に遅刻することと同様、悔やんでも悔やみきれない大失態ですから。。。

8. 面接問答集

面接準備の最後は問答集です。これらは今までの準備をしていれば問題なく応えられることばかりだと思います。ただ、一度書き出しておくと記憶に定着しやすいですので、手帳にでも箇条書きしておくとちょっとしたスキマ時間で振り返ることができますのでおすすめです。