転職情報の集め方 – 3つの転職支援サービス

転職支援サービスには「転職エージェント」の他にも大きく分けて「転職サイト」と公的サービスである「ハローワーク」があります。

ここではそれぞれの特徴について説明したいと思います。

【参考記事】「転職サービスの使い方」

1. 転職サイト

転職サイトと転職エージェントの一番の違いは、キャリアカウンセリングや応募企業との面接の調整や給与交渉などを代行してくれる専任の担当がつくかどうかです。

転職サイトは専任の担当は就きませんが、「スカウト型」のように自分の履歴書を登録しておくと募集企業側から希望にマッチする応募者をスカウトするプロ野球のドラフト会議のような仕組みがありますので、自分のペースでじっくりと全て進めたいという方やまずは腰を据えて企業情報や転職市場を見極めたいという方には向いているサービスといえます。

2. 転職サイトのメリットとデメリット

転職サイトのメリットは、以下のとおりです。

・時間を気にせず気軽に利用できる

・基本的に募集案件はすべて公開されている

・気になる案件にはすべて応募可能

・希望条件に合う案件が登録されるとメールで知らせてくれる

・未経験の業界の案件にも応募しやすい

逆にデメリットとしては、以下があります。

・面接日程調整や給与交渉など、全て自分でやらなければならない

・履歴書や職務経歴書のテンプレートはあるが、作成に当たって直接アドバイスはもらえない

転職回数でメリット・デメリットが出るというよりも、価値観や性格的に合う合わないと言った要素で選んでいる気がします。

例えば、第三者に自分の運命を決められたくない!という方には転職サイトが合っているのかもしれません。

2 転職エージェントのメリットとデメリット

次に専任の担当がついてくれる転職エージェントサービスです。

私も複数のエージェントに登録して何度か面談の機会と貴重なアドバイスをいただきました。

ネットで公開されている情報も十分に役に立ちますが、非公開の情報やそのエージェントが独自にまとめた資料などは面談の際でないと見ることができないものも多いです。

客観的な視点から転職市場の現状やこれからのトレンドなども知ることができますので、あまり深く考えずにまず1社訪問して話を聞いてみるとその後の展開や何をやらなければならないかを具体的に確認できますからおすすめです。

転職エージェントの主なメリットは以下のとおりです。

・キャリアプラン、履歴書、職務経歴書など転職活動に必要な計画や書類作成のアドバイス、作成後の添削、面接の予行演習などのサポートが得られる

・応募企業との面接のアレンジや給与条件などの交渉を代行してくれる

・非公開案件を持っている

同じようにデメリットは以下になります。

・担当者が応募推奨案件(=内定角度の高いもの)を提示する

・キャリアチェンジを希望しても強みが活きない場合は、サポートしてもらえない可能性がある

・担当者の経験値や能力の影響を受けやすい

3. 転職エージェントの種類

転職エージェントには、総合型、特化型、外資系と大きく3つに分けられます。
それぞれ特徴がありますので、ひとつづく見ていきましょう。

総合型エージェント

総合型に多いのは大手です。業種、業界を問わずに求人が多いのが特徴です。当然応募者の絶対数も多くなりますから、人気で募集数の少ない場合は、エージェント側で選んだ上で担当との面談となりますから、必ずしも希望企業に応募できるとは限らないでしょう。
一方で業界を選びませんので、キャリアチェンジの場合は業界特化型のエージェントができない提案・サポートをしてもらえることはメリットとなるでしょうj。

応募者にとっては、完全に無料で相談に乗ってくれたうえに、応募企業との面接、給与などの処遇条件の交渉などを代理で進めてくれる心強いアドバイザーです。転職エージェントも営利企業ですので、転職が成立すると募集企業から転職者の年収の30%程度を報酬として受け取ります。無理な転職を勧めてクライアントである募集企業へ迷惑をかける事にでもなればその先のビジネスを失いかねませんので、目先の利益だけを追うようなことはありませんが、それ故に、担当してくださる方との信頼関係を作ることができるか、自分の要望をしっかりしてもらえるかが重要なポイントになります。

特化型エージェント

特化型には、管理部門や営業職、エンジニア、公務員などの業種に特化したものと、金融、建築業界、医療業界、ITなどの業界に特化したもの、シニア向け、ハイクラス(部長職以上、年収1200万以上など)、海外勤務などがあります。

特化型の場合、担当者がその業界や職種の経験を持っているため知識や経験が方ですので、応募者の細かな悩みや希望を的確に理解してくれます。渡しの場合も、そのエージェントが作成した業界地図を見ながらどの会社がどういう状況で、A社はB社と関係が深いとか、C社は業績に問題があって募集が頻繁だなど、貴重なアドバイスや裏情報をいただきました。

大手の総合型と比べるとそもそも案件数が少なくなりますので、業界で絞ったあとに業種で絞ると案件がなかったりという可能性もあるかもしれません。これは、応募企業から見ると登録者が多いほうが選択肢が広がることの裏返しとも言えます。

特にハイクラスの場合は、ポジションによっては会社の業績に影響を与えかねませんので非公開案件も多く、秘匿性も高いのでエージェント個人の力量も問われると思いますから、あまり色気を出して3社4社と担当を増やさない方がいいかと思います。

団塊世代が退職を迎えたことで、最近注目の高いハイクラス案件などにいえますが、総合型大手が特化型の市場に参入してくることで、こうした業界勢力も変わってくるのかもしれません。

外資系のエージェント

外資系エージェントはその名の通り、外国資本の会社です。当然、外資系企業の求人が多く、かつ強いという特徴があります。外資系企業には日系企業以上に世界的に有名で優良な企業も多くあります。また、そうした会社ほど日本への進出も早く、それ故に日本固有の文化や慣習を積極的に取り入れて自らを変化・進化させ、日本社会に溶け込んでいる会社もとても多くなっています。

こうした日本で業務を開始してから長期間たっている外資系はかなり日系企業に近くなっていますので、外資系と思って募集すると日系企業以上に日本的でビックリ知ることがありますのでちょっと注意が必要です。

こうした特殊な礼も含めて、外国資本で設立された会社について多くのノウハウを持っているのが、外資系エージェントの強みです。

当然レジュメやリファレンスなどの外資特有の文化や採用ルールも理解していますので、外資系への転職を希望する場合は必ず登録することをおすすめします。

また、当然外資であるがゆえに海外本社・支社のネットワークを持っていますから、国外での転職活動も問題なくサポートしてくれます。
こうした転職と同時に海外移住が必要となるケースでは、外資系エージェントは心強いサポーターとなるでしょう。

5. ハローワーク

ハローワークと民間の転職支援サービスの一番の違いが、前者には職業安定法によって「求職者が住所変更を必要としない職業を紹介しなければならない」という義務を定められているので、地元志向の方にはまず当たるべきところでしょう。

また、企業側にも利用料がかからず経済的な負担がかかりません。

こうした点からハローワークのメリットには次のようになります。

・地元密着型の案件が多い

・案件数自体も多い

・職業訓練が提供されている

一方、デメリットももちろんあります。

・求人コストがかからないためブラック企業が内容を偽って求人票を出す場合がある

・相談員の質のばらつきが大きい

・自分で積極的に活動しないと全く進まない

以上、3つのサービスの特徴とメリット、デメリットを見てきましたが、実際はそれぞれの強みの部分を活用するために併用すルノが得策かと思います。

楽はしたいのですが、楽をしすぎてもまたいい縁に恵まれないので気をつけたいですね。