望むキャリアと将来性を3つの観点から考えてみる

今までのキャリアを棚卸しして、なぜその仕事を続けているのかについても振り返ったあとは、その仕事の将来性も考えてみましょう。

新しい技術や知識や経済圏の拡大は、いろいろな仕事を生むと同時に奪ってきました。私達が生きているこの時代もまさに時代の大きな転換点であり変化を加速させています。

IT技術の進展は仕事のあり方を変えました。そしてそれを基礎に今度は人工知能や量子コンピューターが加速的に世界を変えていくでしょう。農業、バイオ食料・薬品、遺伝子医療、運輸・運送、建築、など影響を受けない業種はないと思います。

その変化のななで、あなたの仕事は生き残るのでしょうか? あなたが希望する転職先はいつまで生き残るのでしょうか?

その仕事は将来も市場価値があるのか、変化の影響が考えられる職業について、考えてみたいと思います。

1. 消えている仕事、消えつつある仕事

単純労働、たとえば建設業、一般事務、レジ打ち、データ入力、調理、清掃、警備など幅広い職業で業務が減っていっていることにお気づきでしょうか。

プラモデルのように部品化された戸建て、コンピューターで自動化された事務処理、セルフレジ、自動調理器、お掃除ロボット、警備ロボットなどがどんどん進化しています。これらの業務は、人材不足によって希望者が少なくなっていることもその傾向を加速しているといえますね。

一般事務は、定型化ができるものは自動化できますので、どんどんなくなります。さらに海外の安い労働力を活用し、人工知能の進化によって日本語などの言語依存のある仕事についても母国語とする人でなければできないという条件はクリアされてしまいます。

レジ打ちなどは、オフィス街や繁華街のコンビニなど、利用者の平均年齢が若く新しい技術になれるのが早い場所ではなくなるスピードが早いかもしれません。

実際、アマゾンは実店舗での自動精算の実験を始めようとしています。

いわゆる知識労働職や専門職でも、定型処理で済むものや情報検索、資料の収集、取りまとめ、分析などITと相性の良い作業は消え始めています。

例えば、ファイナンシャルプランナー、証券ディーラー、銀行の融資、保険の審査、税務/会計、測量・地図作成、法律事務(裁判例検索など)ですの業務は激減するでしょう。

また、水道、電気、ガズなどの公共インフラを守る保守の仕事もセンサーの発達で自動化=人員削減できる部分が出てきています。

もちろん、それらはただ削減するだけではなく「効率化」するものでもありますので、業務が人間の手から離れて「処理」された後に顧客に付加価値を提供する部分に注力できるようになった結果、より専門性を高めて生き残るのかもしれません。

いずれにしろ、これから10年はこうした技術革新の影響を考えた上でキャリアをデザインする必要があるのではないでしょうか。

技術革新の他にも、代替手段の登場というリスクもあります。鉄道や飛行機は船舶での人・モノの移動を変えました。

電話は手紙から、メールは電話から仕事を奪いました。スマートフォンは電話とメールを結びつけ新しい市場を開きましたが、テレビから視聴者を奪っています。

自分の仕事の市場価値がどこにあるのかを理解していないと、こうした技術革新がどう自分の仕事に影響するのかを判断できずに、気がついたときには仕事そのものがなくなっているなんということも起きかねないのです。

2. いつ影響を受けるのか?

技術革新の影響を理解できたとしても、具体的にいつどうなるのかを予測することはとても難しいと思います。明日かもしれませんし、5年後かもしれません。

それは企業の業績、体力、競争力にも影響を受けるからです。居総力が落ち、業績が悪化すればリストラ、事業所の閉鎖、資産売却、福利厚生施設の見直しなど、経営者はまず販管費削減に動きます。

業績が順調であれば、優秀な人材を集めるためにも給与や福利厚生は重要ですから、販管費をあからさまに削ることはないでしょう。

それ故に、サラリーマンにとっては勤めている企業の業績、中期計画を定期的に確認し、経営課題を知っておくことが短期・中期のキャリアのデザインにとってとても重要となるのです。

10年先というと随分遠い未来に感じる方もいるかもしれませんが、変化は10年後に突然来るわけではなく、進化の木が枝分かれしてくように、日々の小さな選択のを重ねて進んでいきます。

その選択に気が付かずに5年後にキャリアを見直しても間に合わない場合があるのです。

私が年次で転職エージェントに合う機会を持つことを進めた理由は、経営層の課題や問題意識を知り、市場の求める価値を理解して、常に選択肢を持っておくことために必要な情報を集めることができるからです。

3. 人生という航海に必要なものは?

終身雇用が崩れているとはいえ、短期間で転職を繰り返す人材の評価は高くありませんから、3年から長くても5年程度でキャリアアップを計画し、それを毎年見直してくのが一般的かと思います。

40代までは、次の次くらいまでを考えて、転職活動とその後のキャリアデザインを検討すべきだと感じています。

50代からは、定年後に仕事を続けるのであれば、どんな業種に就くのかを考えるヒントになるのではないでしょうか。

人生という航海の羅針盤を手に入れること。

キャリアデザインは、それだけの価値があると思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
人気ブログランキングに参加しています!

人気ブログランキングに参加中です。
他のブログにもお役立ち情報がたくさんあります!


転職・キャリアランキング

フォローする